西暦1521年 - アステカ帝国が滅びる

スペインのコルテスが征服
テオティワカン遺跡
スペインの野心家コルテスは、1519 年、500 名の兵士と 16頭の馬、50 丁の銃を持ってユカタン半島に上陸した。
コルテスは、アステカ族に恨みを持つ女性マリンチェを現地妻にし、反アステカ同盟を組織した。スペイン人を伝説のケツアルコアトル神と勘違いしたアステカ帝国のモンテスマ王は、1521 年、あっさりとコルテスに滅ぼされてしまう。
首都テノチティトランは破壊しつくされ、その遺構の上に植民地ヌエバ・エスパーニャの首都(現在のメキシコシティ)が建設される。当時人口 20 万人と推定されるアステカ人の多くは奴隷にされ酷使されたり、ヨーロッパ大陸から伝わった天然痘に感染し、人口は激減していく。そこでスペインは、アフリカ大陸から奴隷を移住させ、新大陸経営に当たった。

奴隷によって掘り出されたメキシコの銀はスペイン国庫を潤し、東方貿易が盛んになった。
1450 1475 1500 1525 1550 1575 1600 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ 1519 1522 マゼランの世界周航 1480 1521 マゼラン 1494 トルデシリャス条約 1529 サラサゴ条約 1469 1524 ヴァスコ・ダ・ガマ 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1521 レオ10世 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1469 1521 マヌエル1世 1497 「最後の晩餐」の完成 1469 1527 マキャヴェッリ 1471 1528 デューラー 1483 1520 ラファエロ 1466 1536 エラスムス 1478 1535 トーマス・モア 1468 1549 パウルス3世 1473 1543 コペルニクス 1475 1564 ミケランジェロ 1527 ローマ略奪 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1534 首長法 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1487 1541 北条氏綱 1496 1557 後奈良天皇 1507 1551 大内義隆 1507 1551 斎藤道三 1511 1550 足利義晴 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1519 1560 今川義元 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1543 鉄砲伝来 1517 マムルーク朝の滅亡 1494 1566 スレイマン1世 1464 1520 セリム1世 1487 1524 イスマーイール1世 1483 1530 バーブル 1526 ムガル帝国の建国 1480 モスクワ大公国の独立 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 Tooltip

テオティワカン遺跡付近の地図

テオティワカン遺跡(Pre-Hispanic City of Teotihuacan)は、メキシコシティ北東約 50 キロの地点にあり、紀元前 2 世紀から 6 世紀まで存在した巨大な宗教都市遺跡である。
1987 年(昭和 62 年)、世界遺産に登録された。
(この項おわり)
header