西暦1519年 - マゼランの世界周航/カール5世が即位

西回りで世界一周に成功/太陽の沈まない国

マゼランの世界周航

ビクトリア号
ビクトリア号
ポルトガルの冒険家マゼランは、亡命先のスペインで世界周航計画を実行に移す。そして 1519 年、5隻265 人の探検隊を組織したマゼランはスペインを出航し、西回りの航路に入る。

南米最南端のマゼラン海峡を通り抜けた一行は、1522 年にスペインに戻ってくる。しかし、マゼラン自身は 1521 年にフィリピンのハイチで現地人によって殺され、帰国した船もわずか 1隻18 人だけという過酷な航海であった。
フェルディナンド・マゼラン
フェルディナンド・マゼラン
フェルディナンド・マゼランは、1480 年頃、ポルトガルで生まれる。
1505 年、ポルトガルの軍人フランシスコ・デ・アルメイダの艦隊に入り、初めて航海に出る。
航海者としての経験を積んだマゼランは、香辛料の産地として有名なモルッカ諸島への西回り航路開拓のために船長にしてもらえるよう、ポルトガル王・マヌエル 1 世に要請した。しかし、国王はこれを拒絶する。
嫌気がさしたマゼランはスペインに移り住み、1517 年、スペイン王・カルロス 1 世(神聖ローマ帝国皇帝・カール 5 世)に面会した。カルロス 1 世は心を動かされ、マゼランを艦隊長に任命した。

1519 年 9 月 20 日、マゼランは旗艦トリニダー号(110 トン)に乗船し、僚船のサン・アントニオ号(120 トン)、コンセプシオン号(90 トン)、ビクトリア号(85 トン)、サンティアゴ号(74 トン)の 5隻のカラベル船に 265 名の乗組員を乗せてスペインを出港する。
大西洋を横断した後、南アメリカ大陸に沿って南下していき、1520 年 1 月 9 日にラプラタ河の河口に到着する。当時はここが太平洋へと出るための海峡の入り口だと考えられていた。マゼラン一行はは綿密な調査を行ったが、ここが海峡ではなく河であるということが判明した。
艦隊はさらに南下を続け、1520 年 10 月 21 日、ついに西の海へと抜ける海峡を発見する。この場所は後にマゼラン海峡と呼ばれることになる。マゼラン隊はわずか 3隻になっていた。
マゼラン海峡は狭いうえに、速い潮流と多くの暗礁が広がる。マゼラン隊は奇跡的な操船で、わずか 7 日で通過し、穏やかな大海に抜け出る。マゼランはこの大海をマール・パシフィコ(El Mare Pacificum 平和の海、太平洋)と名づけた。

太平洋では島らしい島が見つからず、マゼラン隊は飢えに苦しめられた。
1521 年 3 月 16 日、ようやくフィリピンのサマール島最南端に上陸する。
セブ島では現地の指導者ラジャ・フマボンをキリスト教に改宗させる。そして彼を王として認めるように周辺の島々に要求したが、隣島のマクタン島の領主でイスラム教徒のラプ・ラプが反対し、マゼラン隊との戦闘になった。1521 年 4 月 27 日、マゼランは戦死する。

残された乗組員は 2隻の船に分乗してフィリピンを後にする。
1521 年 11 月 8 日、ようやく目的地のモルッカ諸島にたどり着き、大量の香辛料を積み込んだ。だが、この時点で航行可能なのはビクトリア号 1隻を残すだけだった。
1521 年 12 月 21 日、モルッカ諸島を出発したビクトリア号は、喜望峰を回り、1522 年 9 月 6 日にスペインに帰還した。
生き残り無事に帰りついた乗組員は、わずかに 18 名であった。船内ではビタミン C 不足による壊血病が多くの船員の命を奪った。

カール5世が即位

カール5世
カール 5 世
1519 年、ハプスブルク家のカール 5 世が神聖ローマ皇帝として即位する。父方の祖父は神聖ローマ皇帝マクシミリアン 1 世、母方の祖父母はグラナダを陥落させレコンキスタを完成したカトリック両王フェルナンド 2 世とイサベル 1 世であった。

カール 5 世は、大航海時代のスペインを版図に収め、「太陽の沈まない国」としてハプスブルク家の絶頂期に君臨した。
一方で、宗教改革の嵐に晒され、ヨーロッパの覇権を競うフランス王国や、スレイマン 1 世が率いるオスマン帝国との戦乱が続き、心身ともに疲れ果て、晩年は自ら退位し修道院に隠棲した。
マクシミリアン1世
マクシミリアン 1 世(デューラー画)
カール 5 世は、1517 年までネーデルランドで育った。
1516 年、外祖父フェルナンド 2 世が死去すると、母フアナと共同統治という形でカスティーリャ王になった。
1519 年、祖父マクシミリアン 1 世が死去すると、ハプスブルク家の領土を継承した。マクシミリアン 1 世はハプスブルク家による皇帝世襲化を目論んでいたが、ついに果たせず、ドイツ選帝侯による選出となった。カール 5 世フッガー家から資金を得て選挙を有利に進め、フランス王フランソワ 1 世を破って神聖ローマ皇帝となった。
ハプスブルク家とヴァロワ朝フランス王国は、15 世紀末からイタリアを巡って断続的に戦争を繰り返していた。これをイタリア戦争と呼ぶ。
1521 年、メディチ家出身のローマ教皇レオ 10 世はカール 5 世と結び、フランス支配下のミラノを奪還する。

1527 年、カール 5 世ドイツ人傭兵 (ランツクネヒト) ローマ略奪を起こす。ドイツ人傭兵を恐れた教皇クレメンス 7 世は、イングランド王ヘンリー 8 世の結婚無効の申請を却下し、のちにイングランドのローマ教会からの離反へとつながっていく。

1521 年、宗教改革を起こしたマルティン・ルターをヴォルムス帝国議会に召喚し、その主張を認めず、同調者達と共に帝国から追放した。ここでルターを処断しなかったことで、プロテスタントはヨーロッパ全土へ拡散することになる。
1524 年、ドイツ農民戦争が起こり、結果的にドイツ諸侯の力が増すことになる。
1545 年、ローマ教皇パウルス 3 世を支援しトリエント公会議を開催。カトリック教会の再生へ踏み出すことに成功した。

1529 年、スレイマン 1 世が率いるオスマン帝国軍は地中海の制海権を握り、ウィーンを包囲した。カール 5 世は宿敵フランソワ 1 世と同盟を結び、オスマン帝国に対峙。1543 年、クレピーの和約を結んだ。だが、オスマン帝国との戦いは、息子フェリペ 2 世に引き継がれ、1571 年のレパントの海戦で決着する。

1555 年、通風と戦争に疲れたカール 5 世は自ら退位する。
スペイン・ネーデルラントの地位と領土は息子のフェリペ 2 世に譲り、オーストリア・神聖ローマ帝国の地位と領土は弟のフェルディナント 1 世に継承させた。こうして、ハプスブルク家は、オーストリア・ハプスブルク家とスペイン・ハプスブルク家に分かれることになった。
カール 5 世はスペインの修道院に隠棲し、58 歳で亡くなった。

この時代の世界

1425 1475 1525 1575 1625 1519 1522 マゼランの世界周航 1480 1521 マゼラン 1519 カール5世が即位 1500 1558 カール5世 1459 1519 マクシミリアン1世 1494 1547 フランソワ1世 1519 1559 アンリ2世 1524 農民戦争 1529 ウィーン包囲 1527 ローマ略奪 1459 1525 ヤーコプ・フッガー 1534 首長法 1491 1547 ヘンリー8世 1545 1563 トリエント公会議 1527 1598 フェリペ2世 1520 1566 スレイマン1世の治政 1494 1566 スレイマン1世 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1521 レオ10世 1469 1524 ヴァスコ・ダ・ガマ 1494 トルデシリャス条約 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1469 1521 マヌエル1世 1497 「最後の晩餐」の完成 1471 1528 デューラー 1483 1520 ラファエロ 1466 1536 エラスムス 1468 1549 パウルス3世 1485 1547 コルテス 1475 1541 ピサロ 1529 サラサゴ条約 1473 1543 コペルニクス 1475 1564 ミケランジェロ 1499 1565 ピウス4世 1532 マキャベリ『君主論』出版 1469 1527 マキャベリ 1489 1525 トマス・ミュンツァー 1493 1541 パラケルスス 1534 イエズス会の成立 1543 『天球の回転について』出版 1516 『ユートピア』の刊行 1478 1535 トマス・モア 1511 『愚神礼讃』の刊行 1515 デューラーの星図 1528 パラケルススが放浪の旅へ 1502 1557 ジョアン3世 1503 1564 フェルディナント1世 1503 1566 ノストラダムス 1485 1547 コルテス 1475 1541 ピサロ 1521 アステカ帝国が滅びる 1533 インカ帝国が滅びる 1517 マムルーク朝の滅亡 1520 1566 スレイマン1世の治政 1494 1566 スレイマン1世 1464 1520 セリム1世 1487 1524 イスマーイール1世 1513 ピリ・レイスの地図 1465 1554 ピリ・レイス 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1487 1541 北条氏綱 1496 1557 後奈良天皇 1507 1551 大内義隆 1507 1551 斎藤道三 1511 1550 足利義晴 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1519 1560 今川義元 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1543 鉄砲伝来 1526 石見銀山の開発はじまる 1483 1530 バーブル 1526 ムガル帝国の建国 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 Tooltip
(この項おわり)
header