さっぽろテレビ塔は内藤多仲の設計

2013年8月15日 撮影
さっぽろテレビ塔
さっぽろテレビ塔(北海道札幌市中央区大通西一丁目)は、札幌におけるテレビ放送開始を機に 1957 年(昭和 32 年)に完成した。高さ 147.2 メートル。90 メートルの位置に展望台がある。3階までは無料だが展望台は有料である。
さっぽろテレビ塔の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 838 Kbyte)
さっぽろテレビ塔
1955 年(昭和 30 年)10 月、NHK が札幌にテレビ局の開設を計画した。
NHK は、1954 年(昭和 29 年)に完成した名古屋テレビ塔に倣って、電波塔には展望台を作りたいとの意見を提出し、それを受けて札幌市と札幌商工会議所が電波塔建設に動き出した。
さっぽろテレビ塔の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 346 Kbyte)
さっぽろテレビ塔
設計者は名古屋テレビ塔を手がけ、のちに東京タワーを設計することになる内藤多仲 (ないとうたちゅう) である。
総工費1 億 7000 万円のうち、札幌市が 2000 万円、NHK が 5000 万円、北海道観光事業株式会社が 1 億円を分担した。

電波塔の組立は 1956 年(昭和 31 年)10 月に完了し、12 月から NHK がテレビ電波を送信開始した。展望台など観光施設が調って正式にオープンしたのは 1957 年(昭和 32 年)8 月である。
北海道観光事業株式会社は電波塔の名称を「観光センター」と決定したが、いつしか「さっぽろテレビ塔」と呼ばれるようになった。
さっぽろテレビ塔
しかし、1956 年(昭和 31 年)に HBC が手稲山を開拓して送信所を設置しテレビ塔より広いサービスエリアを構築し、NHK が 1962 年(昭和 37 年)5 月に手稲山へ移転、STV も 1969 年(昭和 44 年)1 月に移転した。現在は FM 各局の中継局と NHK の予備送信所が残っているのみである。

1961 年(昭和 36 年)、松下電器産業の寄贈により、地上 65 メートルの四面に電光時計が取り付けられた。「時計を付ければ必ず見てくれる」という松下幸之助の発案だったという。
さっぽろテレビ塔
札幌テレビ塔は、1911 年(明治 44 年)から整備がはじまった大通公園(長さ約 1.5km、面積約 7.8ha)の東の端にある。
さっぽろテレビ塔
大通公園には盆踊りの櫓が設置されていた。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:さっぽろテレビ塔
さっぽろテレビ塔 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header