恵比寿ヶ鼻造船所跡は幕末に軍艦を建造

2018年9月9日 撮影
恵比寿ヶ鼻造船所跡
恵比寿ヶ鼻造船所跡 (えびすがはなぞうせんじょあと) (山口県萩市椿東 5159-14)は、ペリー来航によって西欧諸国の脅威を感じた幕府が長州藩に軍艦建造を命じ、1856 年(安政 2 年)に建設した造船所である。
恵比寿ヶ鼻造船所跡の大きな写真大きな写真
(1920×1244 ピクセル, 915 Kbyte)
恵比寿ヶ鼻造船所跡
国の史跡名勝天然記念物で、2007 年(平成 19 年)に近代化産業遺産に、2015 年(平成 27 年)には明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業として世界遺産に登録された。

1856 年(安政 2 年)、ロシアの造船技術による洋式帆船・丙辰丸 (へいしんまる) (全長25 メートル、排水量47 トン、スクーナー船)が竣工。たたら製鉄によって造られた鉄材を用いた。
また、1860 年(安政 6 年)にはオランダの造船技術による庚申丸 (こうしんまる) (全長43 メートル)が竣工した。
恵比寿ヶ鼻造船所跡
その後、蒸気船が主流になると、外国製蒸気船を購入するようになり、恵比寿ヶ鼻造船所は閉鎖されたと考えられている。

恵比寿ヶ鼻造船所跡


交通アクセス

【鉄道】
  • JR 東萩駅から徒歩 20 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:恵比寿ヶ鼻造船所跡

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header