赤山地下壕跡は太平洋戦争末期の防空壕

2020年2月25日 撮影
赤山地下壕跡
赤山地下壕跡
赤山地下壕跡(千葉県館山市宮城 192-2)は、太平洋戦争中、館山海軍航空隊によって建設が始まった防空壕で、全長約 1.6km あり、全国的に見ても大きな規模。館山市を代表する戦争遺跡で、館山市指定史跡に指定されている。

残念ながら、壕に関する資料がほとんど確認されておらず、建設時期もはっきりとしていない。アメリカ軍の空襲が激しくなった太平洋戦争の終わりごろに、1930 年(昭和 5 年)に設立した館山海軍航空隊の防空壕として使われていたという証言がある。
赤山地下壕跡の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1366 Kbyte)
赤山地下壕跡
赤山地下壕跡
全国各地に作られた大きな地下壕は、壕と壕の間の長さが 10~20 メートル以上あるが、赤山地下壕は 5~10 メートルと狭いうえ、計画的に掘られたと考えにくく、そのつくりから見て、終戦が差し迫った 1944 年(昭和 19 年)より後に建設されたと考えられている。
赤山地下壕跡の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1205 Kbyte)
赤山地下壕跡
赤山地下壕跡
Google ストリートビューで内部を見ることができる。
館山市豊津ホール - 赤山地下壕跡
館山市豊津ホール
2004 年(平成 16 年)4 月から、壕の一部250 メートルが一般公開されている。館山市豊津ホール(千葉県館山市宮城 192-2)で見学受付を行っている。毎月第3 火曜日及び年末年始は休壕。開壕時間は、午前 9 時 30 分~午後 4 時(受付は 15 時 30 分まで)。

交通アクセス

【バス】
  • 館山駅東口より JR バス 1番線または日東バス館山航空隊行約 10 分、「宮城」下車すぐ
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:赤山地下壕跡

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header