養老渓谷は紅葉と温泉スポット

2020年9月22日 撮影
養老渓谷
養老渓谷
養老渓谷(千葉県夷隅郡大多喜町)は、養老川によって形成された渓谷で、周囲は千葉県立養老渓谷奥清澄自然公園に指定されている。また、養老渓谷・黒滝不整合として日本の地質百選に選定されている。紅葉のスポット、また温泉地として多くの観光客が訪れる。
養老渓谷の大きな写真大きな写真
(2560×1707ピクセル, 2981 Kbyte)
養老渓谷
養老渓谷
粟又の滝から岩ツツジで有名な小沢又 (こざわまた)  水月寺 (すいげつじ) 下流まで養老川沿いに設けられている2kmの遊歩道は、大小の滝を楽しむことができる。
また、共栄橋(葛藤駐車場)付近から養老川沿いに設けられた1.2kmの遊歩道もあるが、こちらは台風の被害で通行止めとなっている。
養老渓谷の大きな写真大きな写真
(2560×1707ピクセル, 3233 Kbyte)
観音橋
観音橋
観音橋は、養老山立國寺の入口に架かる二連の太鼓橋で、朱塗りの欄干が目印。
800年前、戦いに敗れた源頼朝が上総の地を訪れ、再起をかけて立國寺の観音様に祈願したという。その結果、鎌倉幕府を開くことができた。以来、出世観音と呼ばれるようになった。
観音橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707ピクセル, 2380 Kbyte)

交通アクセス

【鉄道+バス】
  • 小湊鉄道「養老渓谷駅」から小湊鉄道粟又行きバスで5分、「温泉郷入口」下車、徒歩3分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:出世観音
養老渓谷 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header