大島空港は東京・調布、および三宅島・利島を結ぶ

2020年12月12日 撮影
大島空港
大島空港(東京都大島町元町字北の山 270番地)は伊豆大島北部にあり、1952 年(昭和 27 年)、村営大島飛行場として開業した。小型ジェット機の離着陸ができる 1,800 メートルの滑走路を備えている。愛称は東京大島かめりあ空港
大島空港の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 684 Kbyte)
大島空港
1960 年(昭和 35 年)10 月、東京~大島間の定期便が運行開始した。
2002 年(平成 14 年)10 月、新滑走路を 1,800 メートルに延長し、ジェット機の離発着ができるようになる。また、新ターミナルビルを供用開始した。
大島空港の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 922 Kbyte)
大島空港
現在、調布飛行場との間に新中央航空の定期便が、三宅島および利島との間に東邦航空 のヘリコプター(東京愛らんどシャトル)が運航している。
大島空港の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 655 Kbyte)
大島空港
ターミナルビルには、レストラン、売店、喫煙所があり、屋上は展望デッキになっている。
大島空港
2019 年(平成 31 年)の利用客数は 24,539 人。
伊豆大島の年間観光客数は約 18 万人で、ほとんどは船舶を利用している。かつては ANA の定期便が運行していたが、観光客の減少や高速船の運航により乗客数が減り、2015 年(平成 27 年)10 月に撤退した。

交通アクセス

【バス】
  • 元町港からバスで約 10 分
  • 岡田港からバスで約 12 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:大島空港
伊豆大島 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header