波浮港・地層切断面・大島町役場

2020年12月13日 撮影
波浮港 - 大島
波浮港
波浮港(東京都大島町波浮港)は、伊豆大島の南端に位置する港だ。1800 年(寛政 12 年)、商人の秋広平六 (あきひろ へいろく) によって拡張工事が行われ、風待ち港の港として栄え、大島発展の礎を築いた。写真は、波浮港見晴台から港を望んだところ。
波浮港 - 大島の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2402 Kbyte)
波浮港 - 大島
波浮港
元は、838 年(承和 5 年)の火山噴火でできた火口に雨水がたまってできた火口湖で、1703 年(元禄16 年)の元禄大地震とその直後に発生した津波のために、火山湖が決壊して海と繋がった。当時は満潮時しか船が中に入ることはできなかった。
波浮港 - 大島の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2285 Kbyte)
波浮港 - 大島
波浮港
1928 年(昭和 3 年)、日本ビクターから「波浮の港」(作詞:野口雨情、作曲:中山晋平)が発売され、10 万枚を売り上げるヒット曲になった。港には歌碑がある。
波浮港 - 大島の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1072 Kbyte)
波浮港の町並み - 大島
波浮港の町並み
波浮港は、明治から昭和初期にかけ、遠洋漁業の中継港となり、大いに栄えた。最盛期には、網元の屋敷や蔵、旅館や飲み屋、お茶屋に加え、映画館が 2軒、公衆浴場が 2軒建っていた。台風が近づくと、避難してきた船が四重、五重に停泊して港を漁船が埋め尽くしたという。
与謝野鉄幹・晶子夫妻や野口雨情、林芙美子、幸田露伴などの歌人や詩人、作家たちが訪れ、波浮港をテーマにした作品を残した。そのなかで「波浮の港」がヒットし、観光客が急増した。
港屋旅館は、川端康成の小説『伊豆の踊り子』の舞台の一つで、現在は踊り子の里資料となっている。
波浮港の町並み - 大島の大きな写真大きな写真
(1277×1920 ピクセル, 1650 Kbyte)
地層切断面 - 大島
地層切断面
波浮港から大島一周道路に沿って西へ向かうと、高さ約 24 メートル、長さ 630 メートルの地層切断面が見えてくる。1953 年(昭和 28 年)の大島一周道路の建設工事中に偶然発見されたものだ。15,000 年にわたって降り積もった火山灰の様子を見ることができる。通称はバームクーヘン。
地層切断面 - 大島の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 3285 Kbyte)
大島町役場 - 大島
大島町役場
さらに西へ向かうと、大島町役場(東京都大島町元町1 丁目1番14 号)が見えてくる。1955 年(昭和 30 年)4 月、大島町が発足した。人口約 7,000 人。面積90.76 平方キロ。
大島町役場 - 大島の大きな写真大きな写真
(1920×1264 ピクセル, 1112 Kbyte)

交通アクセス

【鉄道】
  • 元町港からバス、約 30 分
  • 岡田港からバス、約 20 分
伊豆大島 関連

参考サイト

近隣の情報

(この項おわり)
header