東京大神宮は縁結びのパワースポット

2018年1月20日 撮影
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮(東京都千代田区富士見2-4-1)で初詣した。「東京のお伊勢さま」として有名で、縁結びのパワースポットとして女性に人気だ。名前の割にはこぢんまりとした神宮で、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として 1880 年(明治 13 年)4 月に創建された。
東京大神宮の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2419 Kbyte)
東京大神宮
東京大神宮
成り立ちから神社ではなかった。
創建当初は日比谷にあったが、1923 年(大正 12 年)の関東大震災で社殿を焼失。1928 年(昭和 3 年)、現在の地に再建・遷座した。この地域は、2011 年(平成 23 年)に訪れた築土神社の氏子地域である。この頃は飯田橋大神宮と呼ばれていた。
東京大神宮の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2027 Kbyte)
東京大神宮
東京大神宮
1946 年(昭和 21 年)4 月、宗教法人東京大神宮として再発足した。

目白通りから東京大神宮までは緩い坂道となっており、入口には東京大神宮の大きな石柱が設置されている。
東京大神宮の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1255 Kbyte)
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮通りを上りきったところ。新年を迎える日章旗が掲げられており、さすがは東京のお伊勢さまである。

裏手には、銀座松屋が経営する結婚式場「東京大神宮マツヤサロン」があり、もちろん神前式だが、対面には東京ルーテルセンター教会があり、キリスト教式も可能。なんと宗教に寛容な国なのだろう。
東京大神宮
東京大神宮
伊勢神宮内宮 (ないくう) の御祭神である天照皇大神 (あまてらすすめおおかみ) 外宮 (げくう) の御祭神である豊受大神 (とようけのおおかみ) をはじめ、天之御中主神 (あめのみなかぬしのかみ) 高御産巣日神 (たかみむすびのかみ) 神産巣日神 (かみむすびのかみ) 倭比賣命 (やまとひめのみこと) を祀る。家内安全・商売繁昌・厄除開運・交通安全・学業成就などの御利益があるという。
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮には、普通の「おみくじ」(100 円)のほか、「恋みくじ」「恋文みくじ」(いずれも 200 円)がある。恋愛に迷った時は、ここの「恋みくじ」をひくといいらしい。
恋愛の運勢や、相性の良い相手の星座や血液型、年齢差、干支などが具体的に書かれている。
東京大神宮
東京大神宮
お札や御守りの種類も豊富である。女性向けのかわいらしいデザインのもの多い。
今年は、無病息災に掛けた「六瓢箪」を求めた。瓢箪 (ひょうたん) の中には神霊が宿るそうである。夜にお出まし願って、残っている仕事を処理していただけるとありがたい(笑)。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR ・東京メトロ・都営地下鉄「飯田橋駅」から、徒歩約 5 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:東京大神宮

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header