西暦663年 - 白村江の戦い

日本・百済連合軍は唐・新羅連合軍に敗北
朝鮮半島
663 年(天智 2 年)8 月 28 日、朝鮮半島の白村江の戦い (はくそんこうのたたかい) において、日本・百済 (くだら) 連合軍は唐・新羅 (しらぎ) 連合軍に敗れる。
斉明 5 年(659 年)、百済の侵略を受けた新羅の武烈王 (ぶれつおう) は唐に援軍を要請する。翌年、唐は 13 万の兵を派遣し、新羅とともに百済を滅ぼす。
百済の王族・廷臣はレジスタンス活動を続け、その中の鬼室福信 (きしつふくしん) は日本に援軍を要請した。

斉明 7 年(661 年)、斉明天皇 (さいめいてんのう) は船団を率いて遠征に出発する。途中、博多の南にある朝倉に宮を構え、ここから指揮を執ることになる。
ところが 7 月に斉明天皇が没したため、中大兄皇子 (なかのおおえのおうじ) (のちの天智天皇 (てんじてんのう) )は皇子のまま軍団を指揮することになる。

天智元年(662 年)8 月、百済の皇子・豊璋 (ほうしょう) を護送する先遣隊5 千人が出発。当初、豊璋と鬼室福信は協力して戦ったが、のちに対立。豊璋が鬼室福信を殺害してしまう。

天智 2 年(663 年)3 月、日本軍はさらに 2 万 7 千の兵を増援した。
こうして朝鮮半島で白村江の戦いが起きるが、結局、日本・百済連合軍は唐・新羅連合軍に敗れてしまう。
中大兄皇子は、唐や新羅の侵攻に備え、大宰府に濠を掘って、各地に山城を築いた。また、兵役として集めた防人 (さきもり) を配置した。

天智 6 年(667 年)、唐や新羅の侵攻を恐れた中大兄皇子は、大津(現在の滋賀県)に都を築いた。これが大津宮 (おおつのみや) である。

参考書籍

表紙 白村江 古代東アジア大戦の謎
著者 遠山美都男
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 1997年10月
価格 820円(税込)
rakuten
ISBN 9784061493797
二日間の戦闘を読み解く。海水みな赤しー唐・新羅連合軍の前に倭国の百済救援作戦は打ち砕かれた。日本の国家形成途上に起こった壮大なパワーゲームを検証し、古代史の通説を覆す力作。
 
575 625 675 725 663 白村江の戦い 626 671 天智天皇 594 661 皇極天皇→斉明天皇 615 645 蘇我入鹿 614 669 中臣鎌足→藤原鎌足 645 大化の改新 631 686 天武天皇 648 672 大友皇子→弘文天皇 667 大津宮に遷都 672 壬申の乱 645 702 持統天皇 659 720 藤原不比等 661 721 元明天皇 694 藤原京に遷都 683 707 文武天皇 701 大宝律令 710 平城京に遷都 618 唐の建国 598 649 太宗 602 661 武烈王 602 664 玄奘三蔵 645 玄奘が唐に帰国 628 683 高宗 663 白村江の戦い 624 705 則天武后 690 則天武后の専制 661 ウマイヤ朝の成立 630 680 ムアーウィヤ Tooltip
(この項おわり)
header