西暦701年 - 大宝律令

藤原不比等の活躍

天皇も律令政治に慣れはじめ (701)

藤原不比等
701 年(大宝元年)、大宝律令 (たいほうりつりょう) が制定された。

刑部親王 (おさかべのしんのう) 藤原不比等 (ふじわらのふひと) らが編纂したもので、日本で初めて律(刑罰法令)と令(律以外の法令、主に行政法)が整備された本格的な律令である。文書は現存しない。
藤原不比等は藤原鎌足 (ふじわらのかまたり) の次男で、娘の宮子を文武天皇に嫁がせ首皇子 (おびとのおうじ) (のちの聖武天皇 (しょうむてんのう) )を産む。また、娘の光明子を聖武天皇に嫁がせ皇后(光明皇后 (こうみょうこうごう) )とし、政権を握る。皇族以外から嫁いだ初めての皇后である。

不比等の四人の息子、武智麻呂 (むちまろ) は藤原南家を、房前 (ふささき) は藤原北家を、宇合 (うまかい) は藤原式家を、麻呂 (まろ) は藤原京家をそれぞれ開いた。四兄弟は天然痘にかかり、737 年に相次いで死没するが、北家は平安時代を通じて摂政・関白の地位を受け継ぐなど栄えることになる。

この時代の世界

575 625 675 725 775 701 大宝律令 659 720 藤原不比等 661 721 元明天皇 680 748 元正天皇 701 756 聖武天皇 701 760 光明皇后 752 大仏の開眼供養 694 藤原京に遷都 683 707 文武天皇 645 大化の改新 626 671 天智天皇 631 686 天武天皇 648 672 大友皇子→弘文天皇 663 白村江の戦い 667 大津宮に遷都 672 壬申の乱 645 702 持統天皇 628 683 高宗 663 白村江の戦い 624 705 則天武后 690 則天武后の専制 622 ヒジュラ(聖遷) 642 ニハーヴァンドの戦い 630 680 ムアーウィヤ 661 ウマイヤ朝の成立 688 741 カール・マルテル Tooltip
(この項おわり)
header