西暦676年 - 新羅が朝鮮半島を統一

唐から独立
文武王
西暦 676 年、第30 代の王・文武王 (ぶんぶおう) の治世、新羅は唐の行政府を急襲し、旧百済領と旧高句麗領の南半分を合わせて朝鮮半島をほぼ統一することに成功した。

新羅の建国に関する正確な資料は現存しておらず、史実性があるのは 4 世紀の第17 代奈勿王 (なこつおう) 以後である。

661 年、百済を平定した唐は高句麗に進軍した。このとき、武烈王が死去し、文武王が即位した。唐から高句麗討伐軍に加わることを命じられた。
663 年、白村江の戦いでは、日本水軍を壊滅させ、百済再興の望みを絶ちきった。
668 年、唐と新羅の連合軍は平壌の長安城を攻め、高句麗を滅ぼす。
575 625 675 725 775 676 新羅が朝鮮半島を統一 626 681 文武王 602 661 武烈王 663 白村江の戦い 645 玄奘が唐に帰国 602 664 玄奘三蔵 589 隋による中国統一 618 唐の建国 598 649 太宗 628 683 高宗 624 705 則天武后 690 則天武后の専制 685 762 玄宗 755 763 安史の乱 705 757 安禄山 701 762 李白 710 761 史思明 719 756 楊貴妃 751 タラス河畔の戦い 645 大化の改新 614 669 中臣鎌足→藤原鎌足 626 671 天智天皇 631 686 天武天皇 648 672 大友皇子→弘文天皇 667 大津宮に遷都 672 壬申の乱 699 役小角が流刑に 634 701 役小角 645 702 持統天皇 659 720 藤原不比等 661 721 元明天皇 694 藤原京に遷都 683 707 文武天皇 712 『古事記』編纂 680 723 太安万侶 701 大宝律令 668 749 行基 710 平城京に遷都 680 748 元正天皇 688 763 鑑真 581 649 ソンツェン・ガンボ 590 647 ハルシャ・ヴァルダナ 600 642 プラケーシン2世 622 ヒジュラ(聖遷) 600 661 アリー 642 ニハーヴァンドの戦い 630 680 ムアーウィヤ 661 ウマイヤ朝の成立 592 644 ウマル・イブン・ハッターブ 600 651 ヤズダギルド3世 637 カーディシーヤの戦い 645 683 ヤズィード1世 680 カルバラーの戦い 688 741 カール・マルテル 732 トゥール・ポアティエの戦い 714 768 ピピン Tooltip
(この項おわり)
header