西暦1219年 - 源実朝の暗殺

源氏の将軍は3代で絶える
源実朝
建保 7 年(1219 年)1 月 27 日、鎌倉幕府第3 代将軍・源実朝 (みなもとのさねとも) が鶴岡八幡宮で公暁 (くぎょう) によって暗殺される。

鎌倉幕府を開いた源頼朝 (みなもとのよりとも) の嫡男で 2 代将軍の源頼家 (みなもとのよりいえ) は、武士たちの領地を勝手に奪い、他の者に与えたり、土地を巡る武士同士の争いを不正に裁くという行為が絶えなかった。武士たちの不満が高まり、ついに建仁 3 年(1203 年)9 月、クーデターが発生。頼家は将軍職を剥奪され、伊豆に追放された。
頼家に代わって 3 代将軍の座についたのは、わずか 12 歳の弟の実朝だった。実朝を補佐する執権には、祖父の北条時政 (ほうじょうときまさ) が就任した。
ところが、時政は伊豆に幽閉されていた頼家を暗殺し、実朝も亡き者にしようと機会を伺うようになった。
危機感を抱いた母の北条政子 (ほうじょうまさこ) は、実朝を北条義時 (ほうじょうよしとき) の館に匿った。武士たちは義時の館に集まり、観念した時政は伊豆へ流される。

身体が弱く武芸も得意ではなかった実朝は和歌を好んだ。実朝が詠んだ和歌は、藤原定家 (ふじわらのさだいえ) に認められ、後鳥羽上皇 (ごとばじょうこう) の前で披露された。
実朝は歌人としても知られるようになった。92首が勅撰和歌集に入集し、小倉百人一首にも選ばれている。家集として金槐和歌集 (きんこんわかしゅう) がある。

実朝は、和歌を通じて知った朝廷政治を理想として実践しようとしていた。政治も合議制によって行い、武士たちの意見を積極的に取り入れようとした。一方で、朝廷との結びつきを深めるため、将軍領に対する納税にも積極的に応じた。
実朝の官位の昇進は早く、建保 8 年(1218 年)12 月、武士として初めて右大臣に任ぜられた。
しかし、せっかく朝廷から政権を奪い取った武士たちにしてみれば、こうした実朝のやり方に反感を抱くようになった。

ところが、建保 7 年(1219 年)1 月 27 日、右大臣就任を祝うため、実朝は鶴岡八幡宮を参拝した。その帰路、実朝は公暁に襲われ落命する。
この事件は、執権・北条時政が仕掛けたものだった。公暁はその場から逃げたものの、間もなく討ち取られる。
実朝には子どもがいなかったため、源氏の将軍はここで絶えることになる。
1100 1125 1150 1175 1200 1225 1250 1275 1219 源実朝の暗殺 1192 1219 源実朝 1200 1219 公暁 1133 1215 北条時政 1157 1225 北条政子 1163 1224 北条義時 1180 1239 後鳥羽天皇 1221 承久の乱 1147 1199 源頼朝 1133 1212 法然 1159 1189 源義経 1141 1215 栄西 1178 1185 安徳天皇 1152 1214 平徳子 1185 壇ノ浦の戦い 1192 源頼朝、征夷大将軍に任官 1182 1204 源頼家 1181 ジャヤーヴァルマン7世が即位 1181 1218 ジャヤーヴァルマン7世 1206 モンゴル帝国の成立 1167 1227 チンギス・ハン 1190 1244 耶律楚材 1186 1241 オゴタイ 1167 1216 ジョン 1215 大憲章(マグナ・カルタ) 1181 1252 プラノ・カルピニ 1194 1250 フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝) Tooltip

参考書籍

表紙 その時歴史が動いた 第33巻
著者 日本放送協会
出版社 アノニマ・スタジオ
サイズ 全集・双書
発売日 2005年06月
価格 1,728円(税込)
rakuten
ISBN 9784877583460
栄華と挫折、武士の時代の変革者たち。
 

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下 2 丁目1番31 号)は、鎌倉武士の守護神で、鎌倉八幡宮とも呼ばれる。境内は国の史跡に指定されている。

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header