西暦1701年 - キャプテン・キッドの処刑

海賊時代の絶頂期
海賊船
キャプテン・キッド”ことウィリアム・キッドは、イギリスからアメリカに移住し、商人として働いていた。その後、イギリスから海賊退治を含むフランス船の略奪許可を得た。アルマダ戦争の項でも触れたように、当時のイギリス政府は海上での略奪行為を認めていたのであった。

そこでキッドは、軍人や貴族から出資を募り、36門の大砲と 70 人の乗員を持つ強力なアドベンチャー・ギャリー号を購入した。
ところが、海賊退治やフランス船の略奪だけでは十分な利益をあげることはできず、キッドはイギリス以外のあらゆる船から略奪を始めるようになり、やがて海賊のような活動を行うことになる。
しかし、マダガスカル島でかつての部下ロバート・カリフォードと相まみえ、乗員の謀反を招く結果となる。キッドは命からがらアメリカに戻るが、そこで拘束され、1701 年、ロンドンで絞首刑となる。

後年、キッドが莫大な財宝を隠したという伝説が生まれ、彼の活躍をモチーフとした小説が多く書かれるようになる。
1575 1625 1675 1725 1775 1701 キャプテン・キッドの処刑 1667 1745 スウィフト 1707 ストラディヴァリウスの最盛期 1688 名誉革命 1633 1701 ジェームズ2世 1650 1702 ウィリアム3世 1662 1694 メアリー2世 1709 アン法の制定 1665 1714 アン 1660 1727 ジョージ1世 1710 マイセン陶磁器製作所の創立 1713 ユトレヒト条約 1666 万有引力の法則 1642 1727 ニュートン 1675 グリニッジ天文台の創設 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1632 1704 ジョン・ロック 1618 1648 三十年戦争 1605 1665 フェリペ4世 1638 1683 マリー・テレーズ 1638 1715 ルイ14世 1689 おくのほそ道 1644 1694 松尾芭蕉 1646 1709 徳川綱吉 1685 生類憐れみの令 1658 1714 柳沢吉保 1702 赤穂浪士の討ち入り 1707 宝永の大噴火 1707 宝永地震 1662 1712 徳川家宣 1642 1693 井原西鶴 1653 1724 近松門左衛門 1657 1725 新井白石 1623 1696 明正天皇 1689 ネルチンスク条約 1654 1722 康煕帝 1672 1725 ピョートル1世 1678 1735 雍正帝 1648 清の建国 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1688 1747 ナーディル・シャー Tooltip

参考書籍

世界史に消えた海賊

世界史に消えた海賊


(武光誠/青春出版社/2004 年(平成 16 年)7 月)

スペインの無敵艦隊を破った海賊ドレーク、「ロビンソン・クルーソー」のモデルとなった海賊セルカーク、そしてキャプテン・キッドに黒ひげティーチ‥‥陸のルールに従わず、自由奔放に生きた海賊たちの歴史を振り返る。
漫画「ワンピース」が、こうした実在の海賊たちをモデルにしていることを知ることもできる。
(この項おわり)
header