西暦1692年 - セイラム魔女裁判はじまる

集団ヒステリーか
セイラム魔女裁判
1692 年 3 月、米マサチューセッツ州セイラム村(現在のダンバース)において、200 名近い村人が魔女として告発されるというセイラム魔女裁判がはじまる。19 名が処刑され、5 名が獄死した。
集団心理の暴走で、無実とされる人々が次々と告発されていった。
1692 年 1 月、セイラム村の有力者パリス牧師の娘エリザベス(9 歳)と、姪のアビゲイル(11 歳)が、突然奇妙な行動をとり始めた。何かを恐れるように叫び、部屋中の物を投げつけた。異常な行動は、まるで伝染するかのように、近所に住む 10 代の少女たち 10 人以上にまで広がっていった。医者は、少女たちを治療したものの効果がなく、悪魔憑きと診断を下した。
セイラム村に住むピューリタンは神の意思に従おうとするあまり、魔女の存在を信じてしまった。少女たちは 3 人の村人の名前を魔女として挙げた。こうして、役人が逮捕に向かい、魔女狩りが始まった。

1692 年 3 月 1 日、裁判が始まった。告発されたのは、物乞いや嫌われ者の老婆など、弱い立場の女性たちだった。
はじめは無実を訴えていた被告だが、尋問は次第に激しくなり、悪魔と契約したと答えてしまった。さらに、悪魔と契約をした時、そこには魔女が 5 人いたと証言した。こうして、セイラム村に不安の種が撒かれていった。
7 月 19 日、最初の処刑が行われた。人口 1,700 人の村で 100 人以上が魔女として逮捕されていた。

当時のセイラム村では社会的不安が増していた。
母国イギリスとフランスの戦争に加え、アメリカ先住民族の襲撃、伝染病の流行、農作物の不作などが続いていた。
あらたに村へ移住してきた者たちは、最初に村を切り開いた開拓者たちから土地を買い取ることで財力を蓄え、村人同士の対立も始まっていた。
こうした中、起きたのがセイラム魔女裁判である。
1575 1625 1675 1725 1775 1692 セイラム魔女裁判はじまる 1702 1713 アン女王戦争 1660 イングランド王政復古 1633 1701 ジェームズ2世 1688 名誉革命 1665 1714 アン 1709 アン法の制定 1660 1727 ジョージ1世 1650 1702 ウィリアム3世 1721 最初のイギリス首相 1676 1745 ロバート・ウォルポール 1713 ユトレヒト条約 1638 1715 ルイ14世 1662 1694 メアリー2世 1661 1700 カルロス2世 1701 1714 スペイン継承戦争 1632 1704 ジョン・ロック 1645 1701 ウィリアム・キッド 1675 グリニッジ天文台の創設 1666 万有引力の法則 1642 1727 ニュートン 1646 1716 ライプニッツ 1647 1719 ジョン・フラムスティード 1663 1729 トーマス・ニューコメン 1676 1721 アレキサンダー・セルカーク 1701 キャプテン・キッドの処刑 1667 1745 スウィフト 1707 ストラディヴァリウスの最盛期 1644 1737 アントニオ・ストラディバリ 1678 1741 ヴィヴァルディ 1710 マイセン陶磁器製作所の創立 1659 1729 ロッヘフェーン 1719 「ロビンソン・クルーソー」出版 1660 1731 ダニエル・デフォー 1722 イースター島の発見 1646 1709 徳川綱吉 1685 生類憐れみの令 1658 1714 柳沢吉保 1662 1712 徳川家宣 1689 おくのほそ道 1653 1724 近松門左衛門 1657 1725 新井白石 1702 赤穂浪士の討ち入り 1707 宝永の大噴火 1707 宝永地震 1709 1716 徳川家継 1677 1751 大岡忠相 1716 享保の改革 1684 1751 徳川吉宗 1731 1732 享保の大飢饉 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1654 1722 康煕帝 1689 ネルチンスク条約 1678 1735 雍正帝 1688 1747 ナーディル・シャー 1689 ネルチンスク条約 1672 1725 ピョートル1世 1668 スウェーデン国立銀行の開業 Tooltip
(この項おわり)
header