鉄道博物館 と 0系新幹線

2010年2月13日撮影
C57形式蒸気機関車-鉄道博物館
鉄道博物館(通称:てっぱく)(埼玉県さいたま市大宮区大成町3 丁目47番)は、JR 東日本創立20 周年記念事業として、2007 年(平成 19 年)10 月 14 日(鉄道の日)にオープンした。2006 年(平成 18 年)5 月 14 日に閉館した交通博物館に替わる博物館である。
C57形式蒸気機関車-鉄道博物館の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 1726 Kbyte)
建物は地上 3階建て。蒸気機関車C57 など実物の 36車両を含め、約 200 平方メートルの鉄道模型のジオラマや 5種類の運転シミュレーターなど、合計約 58 万点を収蔵している。
C57形式蒸気機関車-鉄道博物館
鉄道博物館
1階の中央にはC57 形式蒸気機関車C57135(1940 年製造)が展示されている。
機関車の重量は 67.5 トン――E233 系電車の 1 両あたり平均重量30 トンと比べると倍以上の重量だ。
また、動輪の直径は 1750 ミリと、国内最大級。鉄道博物館のシンボルマークは、この動輪をイメージさせる。
この機関車が載っている転車台は、1 日に一度、汽笛を鳴らしながら回転実演を行う。

150形蒸気機関車(1号機関車)-鉄道博物館
150 形蒸気機関車は、1872 年(明治 5 年)にイギリスから輸入された日本初の蒸気機関車だ。1 号機関車とも呼ばれ、国の重要文化財に指定されている。

1911 年(明治 44 年)、島原鉄道の開業のために長崎へ渡った。
その後、1930 年(昭和 5 年)に鉄道省に戻された。このとき、島原鉄道の創業者である植木元太郎社長は、創業期に功績のあった機関車への感謝の念を込め「惜別感無量」と記した自筆のプレートを側水槽に装着させた。このプレートは現在でも装着されている。
0系新幹線-鉄道博物館
新幹線といえば、1964 年(昭和 39 年)に登場した「夢の超特急」0 系電車である。これは、最初に量産化された 360 両のうち、大阪方先頭車(21 形式新幹線電車,車号 21-2)の 1 両である。
前回訪れたときにはなかったが、JR西日本から譲り受け、2009 年(平成 21 年)10 月から展示がはじまった。

右下には東海道新幹線のゼロキロポストのレプリカが展示されている。また、当時の東京駅のホームが再現されている。
0系新幹線-鉄道博物館
大阪方先頭車が 1 号車であるのは今も同じ。
超特急」と記されているあたりに時代を感じる。

0系新幹線-鉄道博物館
車両の床下機器や台車なども見られる構造になっている。
0系新幹線-鉄道博物館
車両の中に入って見学もできる。
当時のシートがそのまま再現されている。
0系新幹線-鉄道博物館
当時の冷水器。
0系新幹線-鉄道博物館
当時の男子用トイレ。

0 系新幹線は、2008 年(平成 20 年)12 月 14 日、R61編制がラストランを行い、その長い歴史に幕を下ろした。

200系新幹線-鉄道博物館
1986 年(昭和 61 年)、東北・上越新幹線用に新製された200 系の先頭車(222 形式新幹線電車,車号 222-35)。

ED75形-鉄道博物館
1975 年(昭和 50 年)に製造された国鉄ED75 形電気機関車(車号 ED75 775)。
ほぼ全国の交流電化区間で使用された交流区間用標準電気機関車だ。
455系-鉄道博物館
1965 年(昭和 40 年)に製造された国鉄455 系電車(クモハ 455 形式電車,車号クモハ 455-1)。
ほぼ全国で使われた長距離急行用交直両用電車だ。
481系-鉄道博物館
1965 年(昭和 40 年)に製造された国鉄481 系特急電車(クハ 481 形式電車,車号クハ 481-265)。
ほぼ全国の電化区間で使用された全電源対応特急電車の先頭車だ。

「特急ひばり」は、東北本線上野~仙台間を結ぶ特急電車だった。
1982 年(昭和 57 年)11 月、東北新幹線の開業に伴うダイヤ改正により、定期列車としての使命を終えた。
101系-鉄道博物館
1957 年(昭和 32 年)に製造された国鉄101 系通勤電車(クモハ 101 形式電車,車号クモハ 101-902)。
国鉄初の新性能通勤電車で、中央線でお馴染みのカラーだ。

鉄道博物館
京王線で活躍していた103 系通勤電車
101 系に比べて加速度を向上させたものだったが、2006 年(平成 18 年)3 月に首都圏から姿を消した。
ミニ車両-鉄道博物館
小学生以上はミニ車両を運転できる。
人気のアトラクションなので、整理券が必要。
Suica-鉄道博物館
Suica-鉄道博物館
Suica-鉄道博物館
2001 年(平成 13 年)11 月にデビューした IC カードSuica(スイカ)の記念カードが展示されていた。

ちなみに、鉄道博物館への入場、館内食堂での飲食は Suica で決済できる。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR 大宮駅よりニューシャトルに乗り換え「鉄道博物館駅」下車、徒歩 1 分
鉄道博物館 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header