樽沢トンネルは日本一短いトンネル

2021年10月22日 撮影
樽沢トンネル
樽沢トンネル(群馬県吾妻郡東吾妻町松谷)は全長約7.2メートルで、日本で一番短いトンネルだ。

JR吾妻線の岩島駅~川原湯温泉駅の間に位置していたが、八ッ場ダムの建設に伴い、この区間が付け替えられ、2014年(平成26年)10月に廃線となった。このため、最も短い鉄道トンネルは、JR呉線の川尻トンネル(広島県呉市、全長8.7メートル)になっている。
樽沢トンネルの大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 3640 Kbyte)
樽沢トンネル
1945年(昭和20年)、群馬鉄山で採掘された鉄鉱石の輸送のため、長野原線(渋川駅~長野原駅間)及び日本鋼管専用線(通称:太子線、長野原駅~太子駅間)が開業した。戦時中の物資と労働力不足のなか、わずか3年の突貫工事で建設された。

1946年(昭和21年)までに長野原線は旅客営業を順次開始した。1952年(昭和27年)に国鉄に移管され、1971年(昭和46年)3月には大前駅まで延伸開業し、吾妻線と名称変更した。
樽沢トンネルの大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 2161 Kbyte)
樽沢トンネル
国道145号線から樽沢トンネルを見上げたところ。
なぜ、岩場を崩すか切り通しにしなかったのか、その理由は明らかになっていない。
樽沢トンネルの大きな写真大きな写真
(2560×1697 ピクセル, 3449 Kbyte)
吾妻峡レールバイク アガッタン
2020年(令和2年)7月から、樽沢トンネルを含む廃線跡の区間約1.6kmが吾妻峡レールバイク アガッタンのコースとなり、足漕ぎ式トロッコに乗って通過することができる。
吾妻峡レールバイク アガッタン
アガッタンは、「あがつま」+「ガッタン」を掛け合わせた造語だという。
線路の継ぎ目では「ガッタンゴットン」と本物の電車のような音と振動が伝わってくる。

吾妻峡レールバイク アガッタンの大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1106 Kbyte)
松谷トンネル - 吾妻峡レールバイク アガッタン
松谷トンネル――長さ104メートルある。
松谷トンネル - 吾妻峡レールバイク アガッタンの大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1743 Kbyte)

交通アクセス

【自動車】
  • 十二沢パーキング(群馬県吾妻郡東吾妻町三島6677-1)に車を止め、猿橋を渡る。
吾妻線 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header