西暦1273年 - ルドルフ1世の即位

大空位時代の終了とハプスブルク家の創始
ルドルフ1世
ルドルフ 1 世
1273 年、国王選挙において選帝侯たちはハプスブルク伯ルドルフを神聖ローマ皇帝に推し、ルドルフ 1 世として即位。1254 年から続いた大空位時代が終わる。

ルドルフの外交政策と軍事政策は成功を収め、混乱の続いていた帝国に 20 年近い平和をもたらした。一方、ルドルフは選帝侯たちの思惑に反し、ハプスブルク家の富と権力を増やしていった。

1806 年、ナポレオン 1 世によるライン同盟によって神聖ローマ帝国が瓦解した後も、ハプスブルク家はオーストリア帝室として存続してゆく。
1273年のヨーロッパ
1273 年のヨーロッパ
1250 年、神聖ローマ皇帝コンラート 4 世が病死し、100 年以上続いたシュタウフェン朝は断絶した。
神聖ローマ皇帝は、実体としてはドイツ国王であり、ドイツ諸侯による選挙王制で選出されることになった。これは、シュタウフェン朝の時代に強大になりすぎた国王権を抑制するために、世襲制ではなく、選挙王制に切り替えたのである。
新皇帝に選ばれたのは非ドイツ人のオランダ伯ウィルヘルムであった。その後もイギリスやフランスの介入によって皇帝が選ばれ、ドイツの支配力は弱まった。

1273 年に即位したルドルフ 1 世は、1278 年、ウィーンを占拠していたボヘミア王オタカル 2 世と戦い、これに勝利する。1282 年、ルドルフ 1 世はウィーンに拠点を移した。ウィーンは、20 世紀までハプスブルク家の本拠となる。
拠点を移したとはいえ、ルドルフは中世ヨーロッパ王権の基本スタイルである巡幸王権 (じゅんこうおうけん) を踏襲した。国王は、特定の首都を置くことなく、各地を移動しながら諸勢力と個別に関係を結びながら統治するというもので、のちに「王は鞍の上から統治した」と呼ばれた。

1298 年、ルドルフ 1 世の子、アルブレヒト 1 世が帝位を継ぐが、その死後、しばらく帝位から離れ、ハプスブルク家の勢力は一時衰える。
その間に皇帝選出権を持つ諸侯が 7 つに搾られ、1356 年、カール 4 世の金印勅書によって諸侯と皇帝権の調停がはかられた。
1438 年、ハプスブルク家のアルブレヒト 2 世が即位すると、ハプスブルク家は神聖ローマ皇帝を世襲していくようになる。

この時代の世界

1175 1200 1225 1250 1275 1300 1325 1350 1273 ルドルフ1世の即位 1218 1291 ルドルフ1世 1228 1254 コンラート4世 1254 1273 大空位時代 1255 1308 アルブレヒト1世 1230 1278 オタカル2世 1235 1303 ボニファティウス8世 1264 1314 クレメンス5世 1254 1324 マルコ・ポーロ 1268 1314 フィリップ4世 1275 1313 ハインリヒ7世 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン 1214 1270 ルイ9世 1298 「東方見聞録」出版 1303 アナーニ事件 1321 ダンテ『神曲』完成 1265 1321 ダンテ 1241 ワールシュタットの戦い 1225 1274 トマス・アキナス 1239 1299 ラームカムヘーン 1279 ラームカムヘーンが即位 1254 1324 マルコ・ポーロ 1215 1294 フビライ 1271 元の建国 1243 キプチャク汗国の成立 1260 イル汗国の成立 1271 1304 ガザン 1250 マンスーラの戦い 1223 1277 バイバルス 1218 1265 フラグ 1299 オスマン帝国建国 1258 1326 オスマン1世 1209 1259 モンケ 1234 1282 アバカ 1249 1318 ラシード・アッディーン 1222 1282 日蓮 1239 1289 一遍 1251 1284 北条時宗 1274 文永の役 1281 弘安の役 Tooltip

参考書籍

表紙 ハプスブルク帝国
著者 岩崎 周一
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 2017年08月17日
価格 1,080円(税込)
rakuten
ISBN 9784062884426
1000年の歴史が、これ1冊で、わかる!!!図版多数。新知見もふんだんに取り入れた決定版。
 
(この項おわり)
header