西暦1970年 - 三島由紀夫が割腹自殺

クーデターを企てるも失敗
クーデターを訴える三島由紀夫
1970 年(昭和 45 年)11 月 25 日、作家の三島由紀夫(本名・平岡公威 (ひらおかきみたけ) )は、自らが組織した民兵・盾の会 (たてのかい) のメンバーと自衛隊市ヶ谷駐屯地(現:防衛省本庁)に乗り込み、クーデーターを促すが失敗。割腹自殺を遂げた。享年 45 歳。

代表作は『仮面の告白』『金閣寺』『豊饒の海』『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』、など。
将来病弱だった三島は、学習院中等科に入学するまで祖母の夏子と同居しており、祖母の影響を強く受けた。作家の永井荷風 (ながいかふう) と祖母・夏子の実家の永井家は同族にあたる。

1946 年(昭和 21 年)、三島は鎌倉に住んでいた小説家・川端康成 (かわばたやすなり) の元を訪ね、短編小説の原稿を渡す。これが文壇への足がかりとなり、以来、川端とは生涯にわたる師弟関係となった。

1947 年(昭和 22 年)11 月、東京大学法学部を卒業し日本勧業銀行の入行試験を受験したが、健康上の問題で不採用となる。高等文官試験には合格し、大蔵省事務官に任官される。だが、翌年には大蔵省を退職し、創作に専念することになる。
1949 年(昭和 24 年)、同性愛を扱った長編小説『仮面の告白』を出版。センセーションを呼ぶと共に、文壇では高い評価を得て作家の地位を確立した。
1951 年(昭和 26 年)12 月から翌年 8 月まで、朝日新聞特別通信員として世界一周旅行へ出掛けた。帰国後、病弱な身体を鍛えるためボディビルを始める。その後、剣道や夢想神伝流の居合を取り入れ、その鍛え上げられた肉体を世間に披露した。

1965 年(昭和 40 年)には、自ら主演・監督した映画作品『憂国』の撮影を進める一方で、『英霊の声』(1966 年)、『豊饒の海』第二部『奔馬』(1967 年 - 1968 年)と、美意識と政治的行動が深く交錯し、英雄的な死を描いた作品を多く発表するようになる。

民兵組織による国土防衛を考えていた三島は、1967 年(昭和 42 年)、自衛隊に体験入隊する。翌1968 年(昭和 43 年)には、民族派雑誌『論争ジャーナル』グループを中心に民兵組織「楯の会」を結成する。

1970 年(昭和 45 年)11 月 25 日、盾の会メンバー 4 名と共に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内東部方面総監部の総監室を訪れる。
三島は、隙を突いて益田兼利総監を人質に取り籠城。バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起・クーデターを促す演説を行う。しかし、自衛隊の反応はまったくなく、この後、三島は割腹自殺する。
1875 1925 1975 2025 1970 三島由紀夫が割腹自殺 1925 1970 三島由紀夫 1899 1972 川端康成 1879 1954 永井荷風 1970 よど号ハイジャック事件 1970 大阪万博の開催 1968 三億円事件 1967 ツイッギー来日 1949 ツイッギー 1975 1976 沖縄国際海洋博覧会 1966 「ウルトラマン」放映開始 1901 1970 円谷英二 1938 1976 金城哲夫 1964 東海道新幹線が営業開始 1964 東京オリンピックの開催 1954 映画「ゴジラ」封切り 1910 1997 田中友幸 1928 1989 手塚治虫 1910 1980 大平正芳 1907 1988 三木武夫 1918 1993 田中角栄 1905 1995 福田赳夫 1960 日米新安保条約 1896 1987 岸信介 1958 東京タワー開業 1901 1989 昭和天皇 1969 人類、月に立つ 1963 ケネディ大統領暗殺 1917 1963 ケネディ 1962 キューバ危機 1908 1973 ジョンソン 1973 ウォーターゲート事件 1913 1994 ニクソン 1979 スリーマイル島原子力発電所事故 1971 インテル、4004発表 1974 「アルテア8800」発売 1941 2010 エド・ロバーツ 1977 Apple II 発売 1942 マイク・マークラ 1943 2005 ジェフ・ラスキン 1950 スティーブ・ウォズニアック 1903 1995 アタナソフ 1920 1992 アイザック・アシモフ 1934 1996 カール・セーガン 1961 人類初の有人宇宙飛行 1934 1968 ユーリ・ガガーリン 1957 世界初の人工衛星 1902 1988 マレンコフ 1894 1971 フルシチョフ 1906 1982 ブレジネフ 1967 愛新覚羅溥儀が死去 1950 1953 朝鮮戦争 1893 1976 毛沢東 1898 1976 周恩来 1898 1969 劉少奇 1907 1971 林彪 1904 1997 鄧小平 1965 1975 ベトナム戦争 1946 1954 第一次インドシナ戦争 1890 1969 ホー・チ・ミン 1959 キューバ革命 1928 1967 ゲバラ 1926 2016 フィデル・カストロ 1960 アフリカの年 1892 1975 ハイレ・セラシエ1世 1918 1970 ナセル 1962 ベルリンの壁建設 1917 2008 アーサー・C・クラーク 1892 1980 チトー Tooltip

参考書籍

表紙 昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃
著者 中川右介
出版社 幻冬舎
サイズ 新書
発売日 2010年09月
価格 950円(税込)
rakuten
ISBN 9784344981850
昭和45年11月25日、三島由紀夫、自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹、介錯されるー。一人の作家がクーデターに失敗し自決したにすぎないあの日、何故あれほど日本全体が動揺し、以後多くの人が事件を饒舌に語り記したか。そして今なお真相と意味が静かに問われている。文壇、演劇・映画界、政界、マスコミの百数十人の事件当日の記録を丹念に拾い、時系列で再構築し、日本人の無意識なる変化をあぶり出した新しいノンフィクション。
 
表紙 三島由紀夫の現場 金閣寺、豊饒の海から市ケ谷事件現場まで
著者 宮崎正弘
出版社 並木書房
サイズ 単行本
発売日 2006年11月
価格 1,836円(税込)
rakuten
ISBN 9784890632077
『金閣寺』の建勲神社、『春の雪』の月修寺、松枝邸と鎌倉の別邸、『奔馬』の飯沼勲の自決現場、『暁の寺』のベナレスとアジャンタ寺院、そして『天人五衰』の美保の松原など、主要作品のすべての現場を日本ばかりか世界各地を訪ね歩く。三十五年がかりでまとめあげた著者畢生の作品であり、三島由紀夫論三部作の完結篇。
 

自衛隊市ヶ谷駐屯地(現:防衛省本庁)付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:防衛省本省

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header