西暦1972年 - 沖縄返還

米軍基地は維持したまま
1972 年(昭和 47 年)5 月 15 日、沖縄がアメリカ合衆国から日本に返還される。

太平洋戦争終結後、沖縄は独自の国としてアメリカ軍政下に置かれていた。
1950 年(昭和 25 年)の朝鮮戦争の勃発にともない、沖縄はアメリカ軍にとって最前線の基地として重要視されるようになった。
1952 年(昭和 27 年)に発効されたサンフランシスコ講和条約によって、沖縄県は正式にアメリカ軍の管理下に置かれるようになった。アメリカは琉球政府を創設して軍政下に置き、各地にアメリカ軍基地・施設を建設した。
1960 年代のベトナム戦争では沖縄が最前線基地となり、駐留米軍が飛躍的に増加した。これにともない、米軍による事件・事故も増加した。

また爆撃機が沖縄から直接戦地へ向かうことに対し、復帰運動は反米・反戦色を強めた。一方、米軍による需要がある土木建築業、飲食業、風俗業などに携わる勢力は、復帰反対や米軍駐留賛成の運動を展開し、彼等の支援された議員が復帰賛成派の議員と衝突した。1968 年(昭和 43 年)11 月には琉球政府の行政主席選挙が行われ、90%近い投票率を記録した。この選挙によって復帰協の屋良朝苗が当選、「即時無条件全面返還」を訴えた。

1969 年(昭和 44 年)の日米首脳会談で、アメリカのニクソン大統領は安保条約延長と引き換えに沖縄返還を約束したが、結局、米軍基地を維持したままの返還となった。
1875 1900 1925 1950 1975 2000 2025 2050 1972 沖縄返還 1918 1993 田中角栄 1975 1976 沖縄国際海洋博覧会 1970 大阪万博の開催 1970 三島由紀夫が割腹自殺 1925 1970 三島由紀夫 1970 よど号ハイジャック事件 1968 三億円事件 1967 ツイッギー来日 1949 ツイッギー 1966 「ウルトラマン」放映開始 1964 東海道新幹線が営業開始 1964 東京オリンピックの開催 1954 映画「ゴジラ」封切り 1910 1997 田中友幸 1928 1989 手塚治虫 1910 1980 大平正芳 1907 1988 三木武夫 1905 1995 福田赳夫 1960 日米新安保条約 1896 1987 岸信介 1958 東京タワー開業 1901 1989 昭和天皇 1971 インテル、4004発表 1943 嶋正利 1941 フェデリコ・ファジン 1937 テッド・ホフ 1974 「アルテア8800」発売 1941 2010 エド・ロバーツ 1977 Apple II 発売 1942 マイク・マークラ 1943 2005 ジェフ・ラスキン 1950 スティーブ・ウォズニアック 1903 1995 アタナソフ 1969 人類、月に立つ 1963 ケネディ大統領暗殺 1917 1963 ケネディ 1962 キューバ危機 1908 1973 ジョンソン 1973 ウォーターゲート事件 1913 1994 ニクソン 1979 スリーマイル島原子力発電所事故 1920 1992 アイザック・アシモフ 1934 1996 カール・セーガン 1961 人類初の有人宇宙飛行 1934 1968 ユーリ・ガガーリン 1957 世界初の人工衛星 1902 1988 マレンコフ 1894 1971 フルシチョフ 1906 1982 ブレジネフ 1967 愛新覚羅溥儀が死去 1950 1953 朝鮮戦争 1893 1976 毛沢東 1898 1976 周恩来 1898 1969 劉少奇 1907 1971 林彪 1904 1997 鄧小平 1965 1975 ベトナム戦争 1946 1954 第一次インドシナ戦争 1959 キューバ革命 1928 1967 ゲバラ 1926 2016 フィデル・カストロ 1960 アフリカの年 1962 ベルリンの壁建設 1917 2008 アーサー・C・クラーク 1892 1980 チトー Tooltip
(この項おわり)
header