ワイキキビーチと虹

2013年6月15日 撮影
ワイキキビーチと虹
大きな写真大きな写真
(2560×1245 ピクセル, 790 Kbyte)
ワイキキビーチと虹
青い空と白い砂浜にダイヤモンドヘッド――ハワイの定番中の定番、ワイキキビーチ。
明け方ににわか雨があったが、それが止むと見事な虹を見ることができた。

ワイキキとはハワイ語で「水が涌くところ」を意味し、もともとは湿地帯だった。
19 世紀末まではハワイ王族の保養地だったが、1898 年(明治 31 年)にアメリカの自治領として併合されると、瞬く間に白人の所有になっていった。
大規模な造成が行われ、1901 年(明治 34 年)にはハワイ初の大型ホテル「モアナホテル」が開業した。
ワイキキビーチの砂浜は、1920 年代から 30 年代にかけ、オアフ島北部のノースショアやカリフォルニア州のマンハッタンビーチから白砂を運んで作られた人工の砂浜である。
第二次大戦後には観光客が急増し、シェラトン・ワイキキ、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパなどの大型高層ホテルが次々に建設された。
1980 年代末、日本のバブル景気の影響で、ワイキキのホテルの 9 割以上が日系企業の所有となった。
ワイキキビーチ 関連

交通アクセス

ホノルル空港から約 10km。

【タクシー】
  • 20~30 分。約 40 ドル+チップ。
【バス】
  • エアポートシャトルバスは約 8 ドル。40 分。
  • ザ・バスは約 2 ドル。50 分。
【レンタカー】
  • 約 20 分。80 ドルから。

近隣の情報

(この項おわり)
header