ヌアヌ・パリでカメハメハ大王が抵抗勢力を一掃

2018年6月22日 撮影
ヌアヌ・パリ展望台
大きな写真大きな写真
(3840×1071 ピクセル, 1464 Kbyte)
ヌアヌ・パリ展望台
ヌアヌ・パリ展望台(Nuuau Pali Lookout;Pali Lookout Honolulu, Hawaii 96817)はコオラウ山脈の切れ目にある展望台で、常に強風が吹いているが、カネオヘ湾や太平洋が一望できる。ハワイ語で Pali は「崖」を、Nuuau は「涼しい高台」を意味する。切り立つ断崖の高さは、ほぼ垂直に 900 メートルもある。

1795 年(寛政 7 年)、オアフ島に上陸したカメハメハは、オアフ軍をこの地に追い詰め、兵士たちは 300 メートルの崖下へ落ちていったという。この年、カメハメハはハワイ王国を建国し、カメハメハ 1 世(大王)となった。
ヌアヌ・パリ展望台の大きな写真大きな写真
(1179×1920 ピクセル, 952 Kbyte)
コオラウ山脈(Koʻolau Range)は楯状火山が侵食されて残ったもので、オアフ島の面積の約 3 分の 2 を占める。最高峰は 960m のプウ・コナフアヌイである。

周辺地図

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header