鶴岡八幡宮のおみくじは凶が多い

2016年5月3日 撮影
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮 (つるがおかはちまんぐう) (神奈川県鎌倉市雪ノ下 2-1-31)は、源頼朝ゆかりの神社で、鎌倉武士の守護神として「鎌倉八幡宮」とも呼ばれる。
鶴岡八幡宮の大きな写真大きな写真
(2560×1746 ピクセル, 1854 Kbyte)
鶴岡八幡宮
上の「大きな写真」を使って、楼門にある「八幡宮」と書かれた額をよく見ていただきたい。「八」の字が神聖な神の使いとされるハトになっている。このハトは最後に再び登場する。

三の鳥居をくぐると、いよいよ御神域だ。北条政子が掘らせたという、源氏池と平家池の間に太鼓橋が架けられている。
鶴岡八幡宮の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1047 Kbyte)
鶴岡八幡宮
手前が仁大門、奥手に本宮が見える。この間に舞殿が隠れている。

境内にはパワースポットが多く、特に強い場所が 5 つある。
  1. 大石段・本宮
  2. 隠れ銀杏
  3. 丸山稲荷社
  4. 旗上弁財天社・政子石
  5. 今宮(新宮神社)
大石段 - 鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮は、強い龍脈の山に三方を囲まれたパワーのある龍穴の地で、御神霊の力も強く、仕事や人生に変化・再生をもたらすパワースポットとされている。
ご利益としては、勝運・仕事運アップ(出世運・決断力・行動力・合格運)、生命力・健康運アップ、家庭円満・縁結びなど。

舞殿の後ろには、61 段ある大石段がある。この日は、入場規制が行われていた。
大石段 - 鶴岡八幡宮の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2125 Kbyte)
隠れ銀杏 - 鶴岡八幡宮
本宮へ続く石段の麓には、樹齢千年を超える巨大な銀杏があった。1219 年(建保 6 年)、鎌倉幕府の 3 代将軍・源実朝を暗殺した公暁が隠れたという伝説から、「隠れ銀杏」と呼ばれている。残念ながら、2010 年(平成 22 年)に強風で倒れてしまった。
隠れ銀杏 - 鶴岡八幡宮の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2568 Kbyte)
本宮 - 鶴岡八幡宮
本宮は、1828 年(文政 11 年)に徳川家斉によって造営された。国の重要文化財に指定されている。主祭神は、応神天皇 (おうじんてんのう) 比売神 (ひめがみ) 神功皇后 (じんぐうこうごう) である。

1063 年(康平 6 年)、源頼義が源氏の氏神として京都の岩清水八幡宮を由比ケ浜付近(現在の元八幡)に祀ったのが起源とされている。1180 年(治承 4 年)、源頼朝が現在の地に八幡宮を移し、1191 年(建久 2 年)にはほぼ現在の形に整え、鎌倉の中心とした。

大石段を登ると上宮があり、ここからは、三、二、一の鳥居と真っすぐに由比ケ浜まで延びた参道が見渡せる。空気の澄んだ晴れた日には、伊豆大島を望むことができるという。
おみくじ - 鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮のおみくじは、大吉の 3 倍以上の確率で凶が当たるという。

凶運みくじ納め箱というのがあり、指示通りにおみくじを納めると、凶運が強運に変わるという。
舞殿 - 鶴岡八幡宮
1193 年(建久 4 年)に建造された唐破風の入り母屋造りの舞殿は、源義経の側室で舞の名手であった静御前が、頼朝の命令で舞を舞った場所とされている。
この日は結婚式が挙げられていた。
舞殿 - 鶴岡八幡宮の大きな写真大きな写真
(2560×1677 ピクセル, 1841 Kbyte)
小町通り - 鶴岡八幡宮
鎌倉駅から鶴岡八幡宮へは、参道である段葛と、小町通りの 2 本がある。

小町通りは、食事どころ、お買い物どころが集まった、鎌倉で一番賑やかな通りだ。
この日は参拝客でごった返しており、鶴岡八幡宮まで 30 分以上かかった。
豊島屋・鳩サブレー - 鶴岡八幡宮
鎌倉名物「豊島屋・鳩サブレー」では、ハトの着ぐるみが営業中。

豊島屋の初代店主、久保田久次郎は鶴岡八幡宮を崇敬しており、冒頭で紹介したように、本宮の額の「八」が鳩の向き合わせであることと、宮鳩が多数いるところから着想を得て、鳩サブレーを開発した。
ベースとなったのは、店に来た外国人からもらったビスケットだったというが、バターを見つけるのに苦労したという。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:鶴岡八幡宮

参考サイト

鶴岡八幡宮 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header