西暦1113年 - スーリヤヴァルマン2世が即位(クメール王朝)

アンコール・ワットの建立
アンコール・ワット
802 年(延暦 21 年)頃、ジャヤーヴァルマン 2 世が即位し、クメール王朝が始まった。
1113 年(天永 4 年)、スーリヤヴァルマン 2 世が即位すると、王国は周辺諸国と戦い版図を広げ、タイ中部、マレー半島、ベトナム南部にまで及んだ。また、アンコール・ワット、トマノン、バンテアイ・サムレ、ピマーイ遺跡などのヒンドゥー教寺院を建築した。
スーリヤヴァルマン 2 世の死後、チャンパ王国に王都ヤショーダラプラを奪われるなど弱体化する。1181 年(治承 5 年)にはジャヤーヴァルマン 7 世が即位すると、王都を奪還し、クメール王朝は最盛期を迎える。
ジャヤーヴァルマン 7 世はヒンドゥー教ではなく仏教を信仰し、アンコール・トムなどの仏教寺院を建立した。

ジャヤーヴァルマン 7 世の死後、後継者争いが起き、クメール王国は弱体化する。1283 年(弘安 6 年)にモンゴル帝国が侵攻し、元朝に朝貢するようになる。
14 世紀後半に興ったアユタヤ王朝が侵攻し、1431 年(永享 3 年)に首都アンコール・トムが陥落、クメール王朝が滅びる。
クメール王朝では、王は即位すると新たな寺院を建立する習わしがあった。

アンコール・ワットの建立には 30 年以上が費やされたと言われている。
東西1.5km、南北 1.3km、幅 190m の堀で囲まれており、伽藍は砂岩とラテライトで築かれている。回廊は精緻な浮き彫りで埋め尽くされている。
15 世紀に入るといったん放棄されるが、16 世紀半ばのアンチェン 1 世の時代に再発見され、未完成の彫刻が施され、ソター王の時代に仏教寺院へと改修された。
1632 年(寛永 9 年)、森本右近太夫一房が参拝する。

付近の地図

参考書籍

表紙 クメールの遺跡に魅せられて
著者 飯田和美
出版社 文芸社
サイズ 単行本
発売日 2004年09月
価格 1,512円(税込)
rakuten
ISBN 9784835579528
かつて、密林の中に、絢爛たる文化が花開いていた。1回の旅行で、東南アジアの仏教遺跡、ヒンズー教遺跡を、3倍楽しくしてくれる本。
 

この時代の世界

975 1025 1075 1125 1175 1225 1113 1150 スーリヤヴァルマン2世の治世 1125 1218 ジャヤーヴァルマン7世 1115 金の建国 1068 1123 完顔阿骨打 1127 南宋の建国 1048 1085 神宗 1070 王安石の改革 1087 1143 耶律大石 1103 1142 岳飛 1096 十字軍遠征はじまる 1100 1124 ハサン・サッバーフ 1017 1092 ニザーム・アルムルク 1055 1092 マリク・シャー 1048 1122 ウマル・ハイヤーム 1053 平等院鳳凰堂の建立 1054 おうし座に超新星出現 1051 1062 前九年の役 1039 1106 源義家 1083 1087 後三年の役 1056 1128 藤原清衡 1079 1107 堀河天皇 1078 1162 藤原忠実 1086 院政のはじまり 1053 1129 白河天皇 1103 1156 鳥羽天皇 1097 1164 藤原忠通 1106 1160 信西 1120 1156 藤原頼長 1117 1160 美福門院 1123 1160 源義朝 1119 1164 崇徳天皇 1159 平治の乱 1167 音戸の瀬戸の開削 1096 1153 平忠盛 1090 1158 藤原基衡 1096 1156 源為義 1086 1125 ハインリヒ5世 1054 キリスト教会の東西分裂 1066 ノルマン・コンクエスト 1042 1099 ウルバヌス2世 1077 カノッサの屈辱 1050 1106 ハインリヒ4世 1048 1118 アレクシオス1世コムネノス 1139 ポルトガル王国の成立 Tooltip
(この項おわり)
header