ナゴパイナップルパークで自動運転のパイナップル号に乗車

2005年7月23日 撮影
ナゴパイナップルパーク
いったんホテルに戻ってから、ナゴパイナップルパーク(沖縄県名護市為又 1195)へ向かった。
自動運転中のパイナップル号に乗り込んで、さまざまなパイナップルを見ることができる。音声ガイド付き。
ナゴパイナップルパーク
パイナップル号を降りると、貝類展示館に入る。パイナップルと貝はどういう関係?――オウムガイやシャコガイなど、さまざまな貝が展示されている。
写真の色鮮やかなイタヤガイは、すべて天然色とのこと。絵の具で塗ったわけではない。
パイナップルパーク
海岸の岩場に、よくカメムシの化石のような物体があるのだが、その正体がヒザラ貝であることがわかった。

貝類展示館を出ると、お土産売り場を通らないと外に出られない。
ここでは、パイナップルそのものや、加工食品、パイナップル・ワインなどを買うことができる。パイナップルやジュース、ワインの試食・試飲もできる。
名護の夕陽
夕食の後も、まだ外は明るい。
それもそのはず。この日の東京の日没は 18 時 53 分だが、名護では 19 時 22 分。およそ 30 分遅い。一方、日の出は1時間ほど遅い。夏場の北半球では、南へ行くほど昼の時間は短いのだ。
それでは、札幌より緯度の高いロンドンはどうかというと、東京より日の出は 30 分早く、日没は 1 時間半ほど遅い。このことから、欧米の高緯度地帯ではサマータイムの効果が出てくる。

交通アクセス

【自動車】
  • 那覇空港から、国道58 号線を北上。約 2 時間のドライブコースとなる。行きは沖縄自動車道利用で時間短縮し、帰りは西海岸沿いに夕日を望みながら 58 号線を南下するのもいい。

近隣の情報

パイナップルパーク 関連

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header