吉祥寺サンロード商店街は東洋一のアーケード商店街だった

2016年1月16日 撮影
吉祥寺サンロード商店街
吉祥寺サンロード商店街(東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目)は、吉祥寺駅北口から北北東方向へ、五日市街道に至る約300メートルに及ぶ開閉式のアーケード商店街である。
商店街のテーマコンセプトは『一店逸品街』。地元では「サンロード」と呼んでいる。

現在のアーケードは、2004年(平成16年)に完成した3代目で、2004年度のグッドデザイン賞(建築・環境デザイン部門)に選ばれた。2010年(平成22年)冬にマイナーチェンジが行われた。

天井の素材にはテフロン膜が使用されており、昼間は太陽光を透過し、夜間には映像投影を行っている。
吉祥寺サンロード商店街の大きな写真大きな写真
(1242×1920 ピクセル, 1173 Kbyte)
吉祥寺サンロード商店街
吉祥寺駅前再開発事業の一環で、吉祥寺駅北口商店街が1971年(昭和46年)11月にアーケード化され、吉祥寺サンロード商店街に改名した。初代アーケードは東洋一の規模を誇っていた。
当時はオレンジ色の太陽マークを基調に、かなりゴテゴテしたデザインだった。

1987年(昭和62年)、吉祥寺駅北口駅前広場の完成に合わせ、老朽化したアーケードをリニューアルした。

毎年11月から翌年1月にかけ、イルミネーションが実施される。
吉祥寺サンロード商店街の大きな写真大きな写真
(838×1280 ピクセル, 689 Kbyte)
吉祥寺サンロード商店街
正月に入ると、写真のような垂れ幕が掲示される。
吉祥寺サンロード商店街
吉祥寺 関連

交通アクセス

【鉄道】
  • JR・京王井の頭線「吉祥寺駅」下車、徒歩すぐ
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:吉祥寺サンロード商店街

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header