宇和島城は五角形

2018年12月29日 撮影
天守 - 宇和島城
天守
宇和島城 (うわじまじょう) (愛媛県宇和島市丸之内 1番地)は、標高76 メートルの丘陵に築かれた平山城で、1601 年(慶長6 年)、藤堂高虎 (とうどう たかとら) が天守を築城した。
天守 - 宇和島城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1842 Kbyte)
登り口 - 宇和島城
登り口
登り口から天守まで徒歩で 20 分ほどを要する。
登り口 - 宇和島城の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 2053 Kbyte)
石垣 - 宇和島城
石垣
上空から見ると五角形になっており、いまは埋め立てられているが、かつては五角形の堀に囲まれていた。かつて西側は海になっており、このため島の名が付いている。
石垣 - 宇和島城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2707 Kbyte)
石段 - 宇和島城
石段
941 年(天慶 4 年)、警固使の橘遠保 (たちばなの とおやす) 藤原純友の乱を鎮圧する際、この地に砦を構えたのがはじまりとされる。

藤堂高虎は今治に転封となり、伊達政宗の長子・秀宗 (ひでむね) が 1615 年(慶長20 年)に入城。2 代宗利 (むねとし) の時に大改修を行い、1671 年(寛文 11 年)に 3重3階の天守となり、現存 12 天守としてその姿をとどめている。
藤堂高虎は築城の名手として、宇和島城のほか、今治城、篠山城、津城、伊賀上野城、膳所城、二条城などを築城した。
石段は狭く、S 字カーブを描くように敷かれており、天守へ攻め込むのが難しい。
石段 - 宇和島城の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1337 Kbyte)
甲冑 - 宇和島城
甲冑
天守の 1階には、伊達家 7 代当主の宗紀 (むねただ) 、8 代当主の宗城 (むねなり) の肖像画や甲冑、城の模型などが展示されている。

甲冑 - 宇和島城の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1255 Kbyte)
宇和島城下絵図屏風 - 宇和島城
宇和島城下絵図屏風
天守の 1階には、1700 年(元禄13 年)頃に宇和島城を南西の方角から描いた鳥瞰図「宇和島城下絵図屏風」の複製画展示されている。これを見ると、堀の西側が海だったことがわかる。
宇和島城下絵図屏風 - 宇和島城の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 874 Kbyte)
天守からの眺望 - 宇和島城
天守からの眺望
天守の 3階から宇和島の街と海を望む。
1900 年(明治 33 年)頃より櫓や城門が解体されたが、1934 年(昭和 9 年)、国宝(現行法の重要文化財)に指定される。1945 年(昭和 20 年)7 月、空襲により大手門を焼失。1950 年(昭和 25 年)、天守が重要文化財に指定された。
天守からの眺望 - 宇和島城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1814 Kbyte)
宇和島鉄道1号形蒸気機関車
宇和島鉄道1号形蒸気機関車
最寄り駅となる JR 四国(予讃線)宇和島駅の前には、かつて宇和島鉄道を走っていた 1 号形蒸気機関車の複製が展示されている。1913 年(大正 2 年)、ドイツで 5 両が製造されたうちの 1 両で、遠州鉄道奥山線で 1956 年(昭和 31 年)まで活躍していた。
宇和島鉄道1号形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1235 Kbyte)

ぱふぅ家が訪れた現存12天守

  1. 弘前城(青森県)
  2. 丸岡城(福井県)
  3. 姫路城(兵庫県)
  4. 松江城(島根県)
  5. 丸亀城(香川県)
  6. 松山城(愛媛県)
  7. 宇和島城(愛媛県)

交通アクセス

【鉄道】
  • JR 予讃線「宇和島駅」から徒歩約 15 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:宇和島城
宇和島城 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header