西暦1222年 - スノッリのエッダ

アイスランド、ノルウェー、デンマークの関係
『エッダ』表紙(18世紀アイスランドの写本)
『エッダ』表紙(18 世紀アイスランドの写本)
1222 年、アイスランドの詩人、スノッリ・ストゥルルソンが、北欧神話を題材にした詩の教本『スノッリのエッダ』を著す。失われた古エッダやスカルド詩を多く含んでおり、北欧神話やゲルマン神話を復元する手がかりとなった。

序文及び 3部の独立した作品からなり、最初に執筆された第3部は 1222~1223 年に、それ以外は 1225 年頃に執筆されたとみられている。
スノッリ(『ヘイムスクリングラ』挿絵)
スノッリ(『ヘイムスクリングラ』挿絵)
スノッリは、アイスランドの権力者ストゥルラ・ソールザルソンの末子として産まれた。遺産相続のいざこざから、アイスランド南部オッディの首長ヨーン・ロフツソンの養子になる。

1215 年、スノッリはアイスランドのゴジ(族長)に選ばれ、権力欲にとらわれる。
1218 年から 1220 年にかけ、スカンディナビアを訪れ、ノルウェー各地の史跡を見て周り、ノルウェー王朝の歴史『ヘイムスクリングラ』を著す。

1220 年、スノッリはノルウェー王ホーコン 4 世からアイスランド総督に任ぜられた。だが、アイスランドがノルウェー王の統治下に入る努力を怠り、ホーコン 4 世の不興を買う。
ホーコン 4 世は、スノッリの甥ストゥルラに働きかけ、スノッリを襲った。スノッリは降伏し、1237 年、ノルウェーへ送られた。
スノッリはホーコン 4 世と対立するスクーリ公の屋敷に滞在していたことから、1241 年 9 月、暗殺される。ホーコン 4 世は「命令に従っていれば重い罰は与えなかった」と、スノッリの死を悼んだとされる。

1262 年、アイスランドはノルウェーの事実上の植民地になった。ホーコン 4 世の子、マグヌス 6 世の 1264 年、アイスランドはノルウェーの属国となった。
1380 年、アイスランドはノルウェーとともにデンマークに帰属する。1814 年のキール条約により、デンマーク=ノルウェーは解消されたが、アイスランドはデンマーク領として取り残された。
1918 年、デンマーク国王との同君連合として独立し、アイスランド王国となる。
1940 年 4 月、ナチス・ドイツがデンマークを占領するが、イギリスが航路防衛ためにアイスランド王国に侵攻、全土を占領した。その後、アメリカが替わって占領を続け、1944 年 6 月、アイスランド共和国としてデンマークから分離・独立を宣言する。

この時代の世界

1075 1125 1175 1225 1275 1325 1221 1223 スノッリのエッダ 1178 1241 スノッリ・ストゥルルソン 1204 1263 ホーコン4世 1124 1197 ヨーン・ロフツソン 1182 ノートルダム大聖堂の完成 1167 1216 ジョン 1165 1223 フィリップ2世 1209 ケンブリッジ大学の創設 1215 大憲章(マグナ・カルタ) 1181 1252 プラノ・カルピニ 1194 1250 フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝) 1241 ワールシュタットの戦い 1228 1254 コンラート4世 1214 1270 ルイ9世 1265 1274 『神学大全』の執筆 1225 1274 トマス・アクィナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン 1254 1273 大空位時代 1273 ルドルフ1世の即位 1218 1291 ルドルフ1世 1167 音戸の瀬戸の開削 1147 1199 源頼朝 1133 1212 法然 1159 1189 源義経 1133 1215 北条時政 1141 1215 栄西 1179 治承三年の政変 1178 1185 安徳天皇 1152 1214 平徳子 1185 壇ノ浦の戦い 1157 1225 北条政子 1192 源頼朝、征夷大将軍に任官 1182 1204 源頼家 1163 1224 北条義時 1192 1219 源実朝 1219 源実朝の暗殺 1200 1219 公暁 1221 承久の乱 1180 1239 後鳥羽天皇 1183 1242 北条泰時 1206 モンゴル帝国の成立 1190 1244 耶律楚材 1241 ワールシュタットの戦い 1243 キプチャク汗国の成立 1215 1294 フビライ 1125 1218 ジャヤーヴァルマン7世 1186 1241 オゴタイ 1207 1255 バトゥ 1171 アイユーブ朝が成立 1138 1193 サラーフ・アッディーン 1187 ヒッティーンの戦い 1177 1225 ジョチ 1200 1250 トゥーラーン・シャー 1209 1259 モンケ Tooltip

参考書籍

表紙 エッダとサガ: 北欧古典への案内
著者 谷口 幸男
出版社 新潮社
サイズ 全集・双書
発売日 2017年07月27日
価格 1,620円(税込)
rakuten
ISBN 9784106038136
いにしえのゲルマン人が育んだ、豊饒なる古典世界への扉を開く。古きゲルマン神話を伝える詩篇「エッダ」では、万物の父オーディン、槌をふるう雷神トール、ひねくれ者ロキといった神々と英雄たちが躍動する。欧州の初期中世文学に冠たる散文芸術「サガ」は、アイスランドの人々の生活や信仰、ヴァイキングの冒険などを生き生きと描く。日本における古北欧文学研究の第一人者が、古典のエッセンスを広く知らしめた名著。
 
表紙 C.M.B.森羅博物館の事件目録 第38巻
著者 加藤 元浩
出版社 講談社
サイズ コミック
発売日 2018年06月15日
価格 475円(税込)
rakuten
ISBN 9784065118900
 

参考サイト

(この項おわり)
header