西暦1179年 - 治承三年の政変

後白河院政の停止
治承 3 年(1179 年)11 月 20 日、平清盛が軍勢を率いて京都を制圧し、後白河院政を停止するという治承三年の政変 (じしょうさんねんのせいへん) が起きる。

平治の乱が収まり、平清盛 (たいらのきよもり) は武士階級のトップとして政権の警察・軍事力を掌握していた。清盛は摂関家と緊密な関係を結び、仁安 2 年(1167 年)に太政大臣にまで出世した。翌年、厳島神社に寄進し、今日のような海上社殿が造営された。
一方、保元 3 年(1158 年)から院政を敷いていた後白河上皇 (ごしらかわじょうこう) は、嘉応元年(1169 年)に出家して法皇 (ほうおう) となった。このとき、清盛はともに東大寺で受戒し、後白河院政派との協調路線を保っていた。

清盛は、妻・時子 (ときこ) の異母妹・滋子 (しげこ) 建春門院 (けんしゅんもんいん) )と後白河上皇との間に産まれた皇子が承安元年(1171 年)高倉天皇 (たかくらてんのう) として即位すると、娘の徳子 (とくし) (後の建礼門院 (けんれいもんいん) )を入内 (じゅだい) させて中宮 (ちゅうぐう) とし、皇室との繋がりを強めた。

こうして平氏一門は全国に 500 以上の荘園を保有し、日宋貿易を推進して莫大な財貨を手に入れていた。清盛の義弟・平時忠 (たいらのときただ) は「平氏にあらずんば人にあらず」と言い放ったと伝えられる。
こうした平氏の隆盛に対し、後白河院政派は不快感をあらわにした。安元 2 年(1176 年)、建春門院が没すると、両者の関係は急速に悪化する。

治承 2 年(1178 年)11 月、高倉天皇と中宮・徳子の間に待望の皇子が誕生する。清盛は皇子を皇太子にすることを後白河法皇に迫り、12 月に立太子させてしまう。
対する後白河法皇は、治承 3 年(1179 年)7 月、清盛の嫡男・平重盛 (たいらのしげもり) が病死すると、その所領の全てを没収してしまう。これに腹を立てた清盛は、11 月 14 日、大軍を率いて上洛する。
驚いた後白河法皇は使者を立てて和解しようとするが、清盛はこれを聞き入れず、ついに 11 月 20 日、法皇は鳥羽殿に幽閉され、後白河院政は停止された。

治承 4 年(1180 年)2 月、高倉天皇は 3 歳になったばかりの皇太子に譲位した。安徳天皇 (あんとくてんのう) である。こうして、平氏の意のままに動く高倉院政が開始されることになる。

この時代の世界

1075 1125 1175 1225 1275 1179 治承三年の政変 1118 1181 平清盛 1159 平治の乱 1127 1192 後白河天皇 1161 1181 高倉天皇 1138 1179 平重盛 1178 1185 安徳天皇 1152 1214 平徳子 1167 音戸の瀬戸の開削 1185 壇ノ浦の戦い 1192 源頼朝、征夷大将軍に任官 1147 1199 源頼朝 1182 1204 源頼家 1163 1224 北条義時 1192 1219 源実朝 1200 1219 公暁 1180 1239 後鳥羽天皇 1183 1242 北条泰時 1173 1262 親鸞 1219 源実朝の暗殺 1221 承久の乱 1118 1190 西行 1122 1187 藤原秀衡 1143 1165 二条天皇 1156 保元の乱 1142 1176 平滋子 1154 1184 源義仲 1164 1176 六条天皇 1155 1189 藤原泰衡 1133 1212 法然 1159 1189 源義経 1133 1215 北条時政 1141 1215 栄西 1157 1225 北条政子 1187 ヒッティーンの戦い 1171 アイユーブ朝が成立 1138 1193 サラーフ・アッディーン 1177 1225 ジョチ 1186 1241 オゴタイ 1200 1250 トゥーラーン・シャー 1243 キプチャク汗国の成立 1100 1187 グレゴリウス8世 1122 1190 フリードリヒ1世 1133 1189 ヘンリー2世 1157 1199 リチャード1世 1182 ノートルダム大聖堂の完成 1167 1216 ジョン 1215 大憲章(マグナ・カルタ) 1181 1252 プラノ・カルピニ 1194 1250 フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝) 1165 1223 フィリップ2世 1209 ケンブリッジ大学の創設 1190 1244 耶律楚材 1130 1200 朱熹(朱子) 1181 ジャヤーヴァルマン7世が即位 1181 1218 ジャヤーヴァルマン7世 1243 キプチャク汗国の成立 1206 モンゴル帝国の成立 1167 1227 チンギス・ハン 1186 1241 オゴタイ 1207 1255 バトゥ 1241 ワールシュタットの戦い 1125 1218 ジャヤーヴァルマン7世 Tooltip

参考書籍

表紙 院政 もうひとつの天皇制
著者 美川圭
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 2006年10月25日
価格 885円(税込)
rakuten
ISBN 9784121018670
院政とはすでに譲位した上皇(院)による執政をいう。平安後期には白河・鳥羽・後白河の三上皇が百年余りにわたって専権を振るい、鎌倉初期には後鳥羽上皇が幕府と対峙した。承久の乱の敗北後、朝廷の地位は低下したが、院政自体は、変質しながらも江戸末期まで存続する。退位した天皇が権力を握れたのはなぜか。その権力構造はどのようなものであったか。律令制成立期から南北朝期まで、壮大なスケールで日本政治史を活写する。
 
(この項おわり)
header