西暦1705年 - ハレー彗星を予言

ニュートンに『プリンキピア』出版を勧める
エドモンド・ハレー
1705 年、エドモンド・ハレーが『彗星天文学概論』を発表した。この中で、ハレーは自身が観測した 1682 年の彗星が、、1456 年、1531 年、1607 年に現れたものと同一の天体で、次は 1758 年に回帰することを予言した。
ハレーはこの予言を見ることなく他界したが、実際に 1682 年に彗星は回帰し、ハレー彗星と名付けられた。惑星以外で太陽系を公転する天体が初めて観測された。
ハレーは、天文学から生命保険まで幅広い分野に数学を適用し、さまざまな予測を行った。
エドモンド・ハレーは、1673 年、オックスフォード大学に入学し、在学中に太陽系と太陽黒点に関する論文を発表した。1676 年に卒業すると、南半球の恒星を研究するためにセントヘレナ島を訪れ、1679 年に『南天星表』を発表する。

ロンドンに戻ったハレーは、月の観測に時間を費やし、ケプラーの惑星運動の法則を証明するために重力について関心をもった。ところが、ケンブリッジ大学のアイザック・ニュートンがこの問題を解決したことを知ったハレーは、彼に出版を勧めた。これを受けて『プリンキピア』が執筆されたのだが、王立協会が出版資金を渋ったため、ハレーが資金を供出して自費出版という形で世に出た。

1693 年、ハレーは終身年金に関する論文を発表し、保険数理学の発展に強い影響を及ぼした。

1705 年にハレー彗星の回帰を予言すると、続いて 1716 年には金星の日面通過の時刻が観測地点によって異なることを用いて太陽と地球の間の距離を高い精度で求めることができると予言した。これも彼が他界した 1761 年に観測された。
1720 年には、ジョン・フラムスティードの後を継いでグリニッジ天文台の台長に就任した。

リツイート

この時代の世界

1575 1625 1675 1725 1775 1705 ハレー彗星を予言 1656 1742 エドモンド・ハレー 1666 万有引力の法則 1642 1727 ニュートン 1675 グリニッジ天文台の創設 1647 1719 ジョン・フラムスティード 1646 1716 ライプニッツ 1707 ストラディヴァリウスの最盛期 1663 1729 トーマス・ニューコメン 1644 1737 アントニオ・ストラディバリ 1701 キャプテン・キッドの処刑 1645 1701 ウィリアム・キッド 1688 名誉革命 1633 1701 ジェームズ2世 1650 1702 ウィリアム3世 1662 1694 メアリー2世 1709 アン法の制定 1665 1714 アン 1660 1727 ジョージ1世 1710 マイセン陶磁器製作所の創立 1713 ユトレヒト条約 1632 1704 ジョン・ロック 1638 1715 ルイ14世 1701 1714 スペイン継承戦争 1719 「ロビンソン・クルーソー」出版 1660 1731 ダニエル・デフォー 1676 1721 アレキサンダー・セルカーク 1707 宝永の大噴火 1707 宝永地震 1702 赤穂浪士の討ち入り 1689 おくのほそ道 1644 1694 松尾芭蕉 1646 1709 徳川綱吉 1685 生類憐れみの令 1658 1714 柳沢吉保 1662 1712 徳川家宣 1642 1693 井原西鶴 1653 1724 近松門左衛門 1657 1725 新井白石 1623 1696 明正天皇 1684 1751 徳川吉宗 1677 1751 大岡忠相 1716 享保の改革 1689 ネルチンスク条約 1654 1722 康煕帝 1678 1735 雍正帝 1688 1747 ナーディル・シャー 1672 1725 ピョートル1世 1721 ロシア帝政始まる 1668 スウェーデン国立銀行の開業 1692 セイラム魔女裁判はじまる 1702 1713 アン女王戦争 Tooltip
(この項おわり)
header