西暦1666年 - 万有引力の法則/ロンドン大火

近代力学の創始者

万有引力の法則

アイザック・ニュートン
アイザック・ニュートン
イギリスの科学者アイザック・ニュートンは、ケプラーの法則に、運動方程式を適用することで、「2 つの物体の間には、物体の質量に比例し、2物体間の距離の 2 乗に反比例する引力が作用する」という逆二乗の法則(万有引力の法則)を発見する。
1687 年に出版した『自然哲学の数学的諸原理』(プリンキピア)において詳しく述べられている。

よく、「リンゴが木から落ちるのを見て、ニュートンは万有引力を発見した」と言われるが、ニュートンは重力を発見したわけではない。ニュートンの業績は、太陽系の惑星の運動と、地球上の物が落下する現象が、同じ法則(万有引力の法則)によって支配されている事を提示したことである。
ニュートンは狂信的なキリスト教徒でもあり、終末論を研究していた。ニュートンにとっての物理学は、神の創った法則を解明することだった。

プリンキピア』出版後は錬金術に関心を寄せた。
ケンブリッジでの学級生活に区切りをつけたニュートンは、1696 年、大蔵大臣モンタギューに招聘され、造幣局幹事に就任した。当時、組織的な贋金作りが横行しており、ニュートンは異様なまでの集中力をもって犯罪組織と対峙し、裁判にかけ、死刑台に送っていった。その結果、贋金は激減したという。
この功績で 1699 年には造幣局長官に昇進し、生涯この職を務めた。
また、王立協会会長に上り詰め、1701 年には国会議員、1705 年にアン女王からナイトの爵位を授けられた。

自己顕示欲の強かったニュートンは、晩年、肖像画の作成に力を入れた。身分制度が厳然と存在していた時代でもあり、ナイトの紋章を描かせることには並々ならぬ関心を払ったという。
1727 年、ニュートンが他界したとき、イギリスに滞在していたフランスの啓蒙思想家ヴォルテールは「彼は生前同国人から尊敬されてきたが、葬られるときもまるで臣下に恩恵を施した王のようであった」(『哲学書簡』,1734 年)と記している。

ロンドン大火

ロンドン大火
ロンドン大火
1666 年 9 月 2 日、ロンドンの中心街シティにあるプディング通りのパン屋から出火し、おりからの東風にあおられて燃え広がり、7 日までにシティの 5 分の 4 を焼きつくしたロンドン大火が発生する。
当時、ロンドン市内の家屋のほとんどが木造であり、街路も狭かったため、火災が広がった。被災家屋は 1 万 3000 戸、セント・ポール大聖堂をはじめ 89 の教区教会、ギルド・ホールなどの公共施設も被災したが、記録されている死者は 6 名と、人命の損失は軽微だった。

復興にあたって建築家クリストファー・レンが動員され、木造建築が禁止され、家屋は全て煉瓦造または石造とされた。また道路の幅員についても規定された。これが現在のロンドンの町並みとなった。
1677 年、復興を記念してレンとフックの設計により、高さ 62 メートルのロンドン大火記念塔が地下鉄モニュメント駅近くに建てられた。

この頃、ロンドンではペストが大流行しており、ケンブリッジ大学も閉鎖となった。そのため、ニュートンは故郷ウールスソープへと戻り、「万有引力の法則」の着想を得たのであるが、ロンドン大火によってペスト菌が死滅し、感染者も減った。
また、復興に尽力した医師で経済学者のニコラス・バーボンは火災保険の必要性を主張し、1681 年、世界初の火災保険をはじめる。また、ロンドン初の消防隊も組織した。

この時代の世界

1575 1625 1675 1725 1775 1666 万有引力の法則 1642 1727 ニュートン 1656 1742 エドモンド・ハレー 1705 ハレー彗星を予言 1666 ロンドン大火 1640 1698 ニコラス・バーボン 1632 1723 クリストファー・レン 1649 ピューリタン革命 1660 イングランド王政復古 1630 1685 チャールズ2世 1688 名誉革命 1633 1701 ジェームズ2世 1665 1714 アン 1662 1694 メアリー2世 1650 1702 ウィリアム3世 1632 j1603-we.xml 『ウラノメトリア』出版 1655 土星の環を発見 1629 1695 クリスティアーン・ホイヘンス 1625 1712 ジョヴァンニ・カッシーニ 1676 光速の計算 1644 1710 オーレ・レーマー 1675 グリニッジ天文台の創設 1647 1719 ジョン・フラムスティード 1627 1691 ロバート・ボイル 1678 フックの法則 1635 1703 ロバート・フック 1623 1662 パスカル 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1657 「月世界旅行記」の出版 1632 1704 ジョン・ロック 1646 1716 ライプニッツ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1654 マクデブルクの半球 1638 1715 ルイ14世 1638 1683 マリー・テレーズ 1701 キャプテン・キッドの処刑 1645 1701 ウィリアム・キッド 1654 確率論の誕生 1675 スピノザ『エチカ』 1632 1677 スピノザ 1641 鎖国の完成 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1641 1680 徳川家綱 1628 1700 徳川光圀 1642 1693 井原西鶴 1685 生類憐れみの令 1646 1709 徳川綱吉 1689 おくのほそ道 1644 1694 松尾芭蕉 1596 1680 後水尾天皇 1623 1696 明正天皇 1685 貞享暦 1648 清の建国 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1654 1722 康煕帝 1689 ネルチンスク条約 1638 1661 順治帝 1645 ポタラ宮殿の建設 1689 ネルチンスク条約 1672 1725 ピョートル1世 1632 タージ・マハル着工 1592 1666 シャー・ジャハーン 1668 スウェーデン国立銀行の開業 1636 ハーバード大学の創立 1692 セイラム魔女裁判はじまる 1702 1713 アン女王戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 プリンキピアを読む
著者 和田 純夫
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 2009年05月21日頃
価格 1,210円(税込)
ISBN 9784062576383
ニュートンが17世紀に著した『プリンキピア』は、運動の法則や万有引力を基に自然界の仕組みを明らかにし、近代科学の出発点となった。図形を使った幾何学的な手法で力学の様々な疑問を証明したニュートンのアプローチは、現代人が読んでも素晴らしく、その天才ぶりに驚嘆させられることだろう。科学史上、最も有名な本のひとつである『プリンキピア』の醍醐味を味わう1冊。
 
表紙 錬金術師ニュートン
著者 ベティ・ジョー・ティーター・ドブズ/大谷隆昶
出版社 みすず書房
サイズ 単行本
発売日 2000年06月
価格 8,250円(税込)
ISBN 9784622041160
ニュートンが遺した錬金術文書は、実験と文献渉猟に費された長大な時間を物語る。『プリンキピア』の著者がなぜ?数学、光学から神学まで、すべての探究を統合する画期的ニュートン像の提示。
 
(この項おわり)
header