西暦1796年 - 種痘の実施

ワクチンのはじまり
エドワード・ジェンナー
イギリスでは天然痘はしばしば流行しており、天然痘患者の膿疱から抽出した液を健康な人間に接種するという方法が用いられていた。これは 18 世紀初頭にイスラム世界からもたらされた予防法だが、接種を受けた者の一部は重症化して死亡するという危険があった。

そんな中、田舎の一開業医であったジェンナーは、牛痘にかかった人間は天然痘にかからないという農民の言い伝えを耳にしていた。
そこでジェンナーは研究を行い、1796 年 5 月ジェームズ・フィップスという 8 歳の少年に、牛痘にかかった女性の膿を接種した。その 6週間後、少年に天然痘を接種したが、少年は天然痘にはかからなかった。

ジェンナーは、1798 年にその成果を発表し、種痘法はヨーロッパ中に広まった。

その後も天然痘ワクチンは改良されて世界中で使われ、1980 年、WHO は天然痘の根絶宣言を出した。

ちなみに、ラテン語で牡牛を意味する「ワッカ」から、ジェンナーは種痘として使う牛痘の膿を「ワクチン」と呼んでいた。

この時代の世界

1675 1725 1775 1825 1875 1796 種痘の実施 1749 1823 ジェンナー 1800 ボルタが電池を発明 1745 1827 ボルタ 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1790 1832 シャンポリオン 1804 ナポレオンが皇帝になる 1769 1821 ナポレオン・ボナパルト 1763 1814 ジョゼフィーヌ 1814 ウィーン会議 1815 神聖同盟 1773 1859 メッテルニヒ 1789 1799 フランス革命 1754 1793 ルイ16世 1755 1793 マリー・アントワネット 1749 1791 オノーレ・ミラボー 1758 1794 ロベスピエール 1755 1824 ルイ18世 1757 1836 シャルル10世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1759 1806 ウィリアム・ピット 1812 1814 米英戦争 1781 天王星の発見 1738 1822 ハーシェル 1738 1820 ジョージ3世 1732 1809 ハイドン 1756 1791 モーツァルト 1770 1827 ベートーベン 1774 質量保存の法則の発見 1743 1794 ラヴォアジェ 1771 「ブリタニカ百科事典」の完成 1762 1814 フィヒテ 1749 1832 ゲーテ 1724 1804 イマヌエル・カント 1766 1834 トマス・マルサス 1770 1831 ヘーゲル 1736 1813 ラグランジュ 1801 小惑星ケレスの発見 1746 1826 ジュゼッペ・ピアッツィ 1758 1840 ハインリヒ・オルバース 1766 1844 ジョン・ドルトン 1776 アメリカ独立宣言 1773 ボストン茶会事件 1775 1783 アメリカ独立戦争 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1812 1814 米英戦争 1810 1821 メキシコ独立戦争 1753 1811 ミゲル・イダルゴ 1783 1824 イトゥルビデ 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1782 1787 天明の大飢饉 1773 1841 徳川家斉 1767 1786 田沼時代 1723 1803 前野良沢 1730 1801 本居宣長 1774 解体新書 1733 1817 杉田玄白 1753 1806 喜多川歌麿 1745 1818 伊能忠敬 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1751 1823 大黒屋光太夫 1755 1829 鶴屋南北 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1765 1831 十返舎一九 1760 1849 葛飾北斎 1775 1844 間宮林蔵 1776 1843 平田篤胤 1809 間宮海峡の発見 1783 1842 柳亭種彦 1797 1832 鼠小僧次郎吉 1793 1837 大塩平八郎 1793 1841 渡辺崋山 1771 1840 光格天皇 1767 1848 曲亭馬琴 1802 1822 「東海道中膝栗毛」の出版 1782 1850 道光帝 1815 神聖同盟 1777 1825 アレクサンドル1世 Tooltip
(この項おわり)
header