西暦1529年 - ウィーン包囲

オスマン帝国の最盛期
ウィーン包囲
ハンガリーを制圧したスレイマン 1 世は、神聖ローマ皇帝カール 5 世がハンガリー王位を継承したことに対して圧力を加えるため、1529 年、ウィーンを包囲した。

外征と領土拡大

1520 年、スレイマン 1 世がオスマン帝国の第10 代皇帝に即位する。46 年の在位中に 13 回の対外遠征を行い、数多くの軍事的成功を収め、オスマン帝国を最盛期を現出した。スレイマン大帝とも。
1526 年、スレイマン 1 世はモハーチの戦いでハンガリーを手中に収める。

ハンガリーを制圧したスレイマン 1 世は、ハプスブルク帝国の絶頂期に君臨した神聖ローマ皇帝兼スペイン王カール 5 世がハンガリー王位を継承したことを受け、これに対して圧力を加えるため、1529 年、イェニチェリ軍団と常備騎兵軍団(シパーヒー)、砲兵などからなる約 12 万の兵力をもってハプスブルク家の拠点ウィーンを包囲(第一次ウィーン包囲)した。ウィーン防衛は、カール 5 世の弟フェルディナントが当たった。

しかし、オスマン軍の頼みの大砲が到着しなかったり、補給が難しくなったことから、オスマン軍はウィーン攻略を諦め 10 月に撤退した。ウィーンは陥落を免れたものの、ヨーロッパに強い衝撃を与えた。

1533 年、フェルディナントと和睦すると、スレイマン 1 世の遠征は東方へ転じる。1534 年、バグダードを占領しイラク領有は確定させたが、サファヴィー朝の完全征服には至らなかった。
その後、ハプスブルク家と敵対関係にあったフランス王フランソワ 1 世と同盟を結び、その後継者アンリ 2 世と同盟関係は続いた。

制海権の確保

スレイマン 1 世は、海軍の育成にも注力した。
1533 年、海賊バルバロス・ハイレッディンを海軍提督(パシャ)に取り立てると、1538 年のプレヴェザの海戦でスペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇の連合艦隊を破り、地中海の制海権を握った。

1571 年、レパントの海戦でスペイン無敵艦隊に敗れはしたものの、すぐに再建され、1574 年にはチュニスを征服してハフス朝を滅ぼした。

柔らかい専制

オスマン帝国はトルコ系民族による征服王朝であり、支配層はトルコ人だったが、領内にはアラブ人、エジプト人、ギリシア人、スラヴ人、ユダヤ人などなど、多数の民族から形成される複合的な多民族国家であった。
その広大な領土と多くの民族を統治するため、中央集権的な統治制度を作り上げたが、その支配下の民族に対しては、それぞれの宗教の信仰を認め、イスラーム教以外の宗教であるキリスト教ギリシア正教やユダヤ教、アルメニア教会派など非ムスリムにたいして改宗を強制せず、宗教的集団を基本的な統治の単位(ミッレト)とした。
このような、中央集権的な専制国家でありながら、支配下の民族に対して宗教的にも政治的にも一定の自治を認めていたオスマン帝国の特徴は「柔らかい専制」と言われてる。また、公用語を持たなかった。

オスマン帝国は、スルタンといえどもイスラーム法の規制を受ける宗教国家であり、他宗派、他民族への寛容な性格を持っていたが、同時に専制国家としての中央集権体制の維持、強化に努めた。
スルタンの直轄地は州・県・郡に分け、州には総督、県には知事、郡にはイスラーム法官を中央から派遣した。直轄地以外にはエジプトやチュニスのように現地有力者を太守(パシャ)に任命して統治させた。また黒海北岸のクリム・ハン国などのように属国として支配した地域もある。
スルタンを補佐し、実質的な政治にあたる官僚機構の頂点にいたのが大宰相(ヴェズィラーザム)であり、形式的にはスルタンの御前会議で最高政策が決定された。官僚(キャーティプ)は文書の管理にあたり、宮廷と国家の財政を実質的に処理した。

17 世紀に入ると領土の縮小が始まるが、1923 年(大正 12 年)のトルコ共和国成立まで存続した。
1425 1475 1525 1575 1625 1529 ウィーン包囲 1494 1566 スレイマン1世 1520 1566 スレイマン1世の治政 1500 1558 カール5世 1494 1547 フランソワ1世 1491 1547 ヘンリー8世 1519 1559 アンリ2世 1464 1520 セリム1世 1487 1524 イスマーイール1世 1517 マムルーク朝の滅亡 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1492 グラナダ陥落 1492 大西洋航路の発見 1480 1521 マゼラン 1494 トルデシリャス条約 1497 「最後の晩餐」の完成 1478 1535 トーマス・モア 1543 『天球の回転について』出版 1473 1543 コペルニクス 1519 1522 マゼランの世界周航 1527 ローマ略奪 1529 サラサゴ条約 1499 1565 ピウス4世 1503 1566 ノストラダムス 1534 イエズス会の成立 1534 首長法 1514 1564 アンドレアス・ヴェサリウス 1502 1585 グレゴリウス13世 1545 1563 トリエント公会議 1519 1589 カトリーヌ・ド・メディシス 1527 1598 フェリペ2世 1483 1530 バーブル 1526 ムガル帝国の建国 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ 1511 1550 足利義晴 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1519 1560 今川義元 1543 鉄砲伝来 1521 1573 武田信玄 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1523 1579 上杉憲政 1553 1564 川中島の戦い 1530 1578 上杉謙信 1496 1557 後奈良天皇 1517 1593 正親町天皇 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 Tooltip

参考書籍

表紙 オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」
著者 鈴木董
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 1992年04月
価格 864円(税込)
rakuten
ISBN 9784061490970
西欧人の見た「残虐な征服者」は、西欧をはるかにこえる先進国だった。羊飼いでも大臣になれる開放的な社会。キリスト教世界で迫害されたユダヤ難民を受け入れた宗教的寛容性。多民族・多宗教の超大国を支えた「柔らかい専制」の秘密に迫る。
 
(この項おわり)
header