皆既月食 2018年1月31日

2018年1月31日 撮影
皆既月食 2018年1月31日
2018 年(平成 30 年)1 月 31 日、全国で皆既月食を見ることができた。前回の皆既月食は 2014 年(平成 26 年)10 月 8 日だったから、3 年 3 ヶ月ぶりとなる。

日食と異なり、月食をテーマにした神話には馴染みがない。狼男は、皆既月食の時には人間に戻るのだろうか?
皆既月食 2018年1月31日
東京では夕方、朧月 (おぼろづき) だったが、20 時 48 分に欠け始めには快晴となり、観測条件は良好だった。皆既食は 21 時 51 分から約 1 時間20 分続き(食分 1.3)、翌2 月 1 日 0 時 11 分に部分食が終わった。
皆既月食 2018年1月31日
米航空宇宙局(NASA)は、今回の皆既月食をスーパーブルーブラッドムーンと呼んだ。
皆既月食は、月が血のような色に染まることからブラッドムーンと呼ばれる。今回の満月は、月が地球に接近し普段より大きく見えるスーパームーンである。さらに、満月が 1 ヶ月に 2 回あるブルームーンであることから、これら 3 つを合わせてスーパーブルーブラッドムーンと呼んでいる。日本では約 36 年ぶりの現象という。
皆既月食 2018年1月31日
月食の時に月が隠れる地球の影には、太陽光が完全に遮られる本影と、その周囲の薄い反映の 2種類がある。半影食は肉眼では分かりづらいが、写真撮影すると分かる。部分食の始まりから皆既食は本影に隠れている状態だ。
皆既月食 2018年1月31日
皆既食中、月は赤銅色 (しゃくどういろ) になる。太陽光が地球の大気を通るとき、青い光は空気の分子によって散乱され(レイリー散乱)大気を通過しないが、赤い光は弱められながらも大気を通過し、大気がレンズの役割を果たすことで本影に混じり込み月面まで到達する。
 関連

参考サイト

(この項おわり)
header