西暦1641年 - 鎖国の完成

オランダ商館が出島へ
江戸幕府の鎖国政策
日本は、徳川家康 (とくがわいえやす) の積極的外交から一転し、秀忠 (ひでただ) の時代に鎖国をはじめ、家光 (いえみつ) の時代の 1641 年、鎖国を完成させる。以降、1858 年に日米修好通商条約を締結するまで鎖国体制は維持される。

1616 年、明(中国)以外の船の入港を長崎の平戸 (ひらど) に限定する。
1635 年、幕府は鎖国令を発令し、中国やオランダなど外国船の入港を長崎のみに限定する。また、日本人の渡航と帰国を禁じる。
出島
1637 年に島原の乱が起き、幕府はキリスト教が幕藩体制を揺るがす元凶となりかねないと考えた。そこで、アジアで熱心な布教活動を展開するスペインやポルトガルなどのカトリック勢力を一掃するために鎖国の強化に乗り出した。

1641 年、オランダ商館を出島 (でじま) に移し、幕府は管理貿易を行うようになり、ここに鎖国が完成する。
オランダ東インド会社が交易を認められたのは、プロテスタント国であり、カトリックに比べて布教の必要性が高くなかったためと考えられている。
また、オランダ商館長が提出する「オランダ風説書」によって、幕府はヨーロッパの動静を把握していた。

また、朝鮮との貿易については対馬藩に、アイヌとの貿易については松前藩に、琉球国との貿易については薩摩藩に、それぞれ任せることにした。また、将軍の代替わりの際、朝鮮からの使節が江戸を訪れた。

1525 1575 1625 1675 1725 1641 鎖国の完成 1604 1651 徳川家光 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1636 日光東照宮 1628 1700 徳川光圀 1596 1680 後水尾天皇 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1592 1666 シャー・ジャハーン 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1600 1649 チャールズ1世 1630 1685 チャールズ2世 1649 ピューリタン革命 1599 1658 クロムウェル 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1657 「月世界旅行記」の出版 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1620 ピリグリム・ファーザーズ Tooltip

出島付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:出島

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header