西暦1648年 - ウェストファリア条約/フロンドの乱

三十年戦争の終結

ウェストファリア条約

ウェストファリア条約締結の図
1648 年 10 月、ドイツのミュンスターでウェストファリア条約が締結された。神聖ローマ皇帝、ドイツの66の諸侯、フランス、スウェーデン、スペイン、オランダなどの代表が参加する世界最初の国際会議であった。会議は 1945 年(昭和 20 年)から討議に入り、結論を出すまで 3 年を要した。
ウェストファリア条約より神聖ローマ帝国皇帝の権力と領土は制限され、ハプスブルク家が弱体化することで三十年戦争が終結した。また、カトリックとプロテスタントの権限も同格となった。
ドイツの約 300 ある諸侯は独立した主権国家となり、神聖ローマ帝国は実質的に解体された。
また、1555 年のアウクスブルクの和議が再確認され、新教徒やカルヴァン派の信仰が認められ、宗教戦争に終止符が打たれた。

また、フランスはアルザス=ロレーヌ地方を獲得し、スイスとネーデルラント連邦共和国(現在のオランダ)の独立が承認された。
ちなみに、ウィリアム・テルの物語は、オーストリア・ハプスブルク家に支配されていたスイスの独立運動にまつわる伝説である。

ただし、ルイ 14 世統治下のフランスとフェリペ 4 世統治下のスペインの間の戦争は続いており、両者の講話は 1659 年のピレネー条約を待つことになる。

フロンドの乱

フロンドの乱
フランスのルイ 14 世と宰相マザランは、三十年戦争を継続するために重税を課したことに不満をもった貴族や民衆が、1648 年 8 月、蜂起した。
フロンドというのは子供の投石玩具のことだが、パリ市民がマザラン邸に投石したことから「フロンドの乱」と呼ばれるようになった。
しかし、反乱側の足並みがそろわず、マザランの巧みな対応が功を奏し、1653 年に鎮圧された。その結果、王権のさらなる強化と中央集権化が進み、ルイ 14 世時代のフランス絶対王政の全盛期をもたらした。フロンドの乱は、フランスにおける貴族の最後の反乱となった。

1643 年、わずか 5 歳のルイ 14 世が即位する。政治の実権は、摂政となった母后アンヌ・ドートリッシュと宰相マザランが握った。
マザランは、ウェストファリア条約でアルザスを獲得するなどの成功を収めたが、前代のリシュリューに続き、国王の寵臣が強い権力を持つことに対して貴族たちの反発が強まっていった。
貴族たちは、既得権の一つであった高等法院の法官が、貴族以外の市民から採用されていることにも反発していた。また都市の市民層や農民には、うち続く戦争の戦費を捻出するための重税に対する不満が強まっていた。
マザランが、財政危機克服のため、高等法院法官の俸給の 4 年間据え置きを発表すると、法官たちの反対運動がおこった。1643 年、政府が法官を逮捕に踏み切ると、重税政策に反発していたパリ市民が蜂起し、市内各所にバリケードを築いた。こうして「高等法院のフロンド」が始まった。
マザランが、三十年戦争で軍功のあった大貴族コンデ公を抱き込み、コンデ公の軍隊がパリを包囲した結果、高等法院も妥協して、1649 年に鎮圧された。

だが、コンデ公が恩賞が少ないことに腹を立て、多くの貴族を巻き込み 1650 年に王室に反旗を翻した。「貴族のフロンド」である。反乱軍はパリを占拠し、農民の反乱は全国に広がった。
ルイ 14 世と摂政アンヌはパリを離れ、マザランはドイツに亡命した。
国王側は三十年戦争の将軍ティレンヌを味方のし、1652 年にパリ郊外で決戦が行われた。コンデ公が勝利するものの、スペインに援軍要請したことがパリ民衆の反感を買い、反乱は尻すぼみとなり、1652 年 9 月、コンデ公がパリを蜂起して亡命したことで、貴族のフロンドは終わりを告げる。

ルイ 14 世とマザランはパリに帰還するが、フランス南部のボルドーでは民衆の反乱が続いていた。「民衆のフロンド」である。
国王軍はボルドーを包囲し、1653 年 7 月、反乱の中核となっていた楡の木同盟を解体へと追い込む。こうしてフロンドの乱は鎮圧された。

フロンドの乱は、フランスにおける貴族による最後の反乱となった。民衆による革命の機は熟しておらず、130 年後のフランス革命を待たねばならなかった。
1525 1575 1625 1675 1725 1648 ウェストファリア条約 1618 1648 三十年戦争 1648 1653 フロンドの乱 1638 1715 ルイ14世 1638 1683 マリー・テレーズ 1602 1661 マザラン 1601 1666 アンヌ・ドートリッシュ 1605 1665 フェリペ4世 1600 1649 チャールズ1世 1630 1685 チャールズ2世 1649 ピューリタン革命 1599 1658 クロムウェル 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1666 万有引力の法則 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1657 「月世界旅行記」の出版 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1611 欽定訳聖書 1632 1704 ジョン・ロック 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1636 日光東照宮が完成 1641 鎖国の完成 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1642 1693 井原西鶴 1644 1694 松尾芭蕉 1628 1700 徳川光圀 1604 1651 徳川家光 1641 1680 徳川家綱 1596 1680 後水尾天皇 1623 1696 明正天皇 1592 1666 シャー・ジャハーン 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 Tooltip
(この項おわり)
header