西暦1637年 - 島原の乱

キリシタンの反乱
原城にある天草四郎像
寛永 14 年 10 月 25 日(新暦では 1637 年 12 月 11 日)、島原の乱が勃発する。
島原の乱は、単なるキリシタンの反乱や農民一揆ではなく、武士によって組織された大規模な反乱であった。

島原藩が支配する肥前 (ひぜん) (現在の長崎県)島原は、キリシタン大名・有馬晴信 (ありまはるのぶ) の所領で、領民のキリスト教信仰が盛んであった。だが、岡本大八事件に絡んで晴信は徳川家康の逆鱗をかい、追放のうえ死罪となる。
代わって松倉重政が治めるようになると、領民に重い年貢を課し、キリシタンを迫害するようになる。
唐津藩の飛地・肥後 (びんご) 天草諸島は、もともとは豊臣秀吉配下のキリシタン大名・小西行長 (こにしゆきなが) の領地であった。関ヶ原の戦いで行長は西軍の将として奮闘するが敗北、死罪となる。
代わって寺沢広高が治めるようになると、島原同様、重い年貢とキリシタン弾圧が行われた。
ここに飢饉の被害が加わり、ついに両藩に対する反乱(一揆)が勃発する。これが島原の乱である。

一揆を主導していたのは、有馬晴信や小西行長の家臣で浪人となっていた者たちであった。彼らはキリシタンの間でカリスマ的な人気を得ていた 16 歳の少年、天草四郎時貞 (あまくさしろうときさだ) を総大将とする反乱軍を組織した。その数、3 万数千人。ここには、農民やキリシタンばかりでなく、搾取されていた多くの領民や浪人たちも参加していた。

当初、反乱軍が優位にあったため、幕府は鎮圧のために 5 万の討伐軍を繰り出した。しかし死を恐れぬキリシタンたちを降伏させることは容易ではなかった。幕府はさらに 7 万の援軍を送り、海からはオランダ船に大砲を撃たせた。反乱軍は、有馬家の居城であった廃城・原城址に籠城することになる。
そして 4 ヶ月後、原城の兵糧が尽きたところで討伐軍による総攻撃がはじまる。原城では女子どもまでが皆殺しにされたという。

この戦いによって島原と天草のキリシタンはほぼ根絶やしにされ、わずかに残った信者たちは隠れキリシタンとして潜伏してゆく。
一方の幕府はキリスト教の取り締まりを厳格にし、すべての人民が寺の檀家に入るようにした。これを「寺請制度 (てらうけせいど) 」という。寺の檀家であればキリスト教徒ではないということになる。こうして鎖国が完成していく。

また、反乱を招いたとして、島原藩主・松倉勝家 (まつくらかついえ) は改易のうえ死罪、唐津藩主・寺沢堅高 (てらざわかたたか) は領地没収となった。
1550 1575 1600 1625 1650 1675 1700 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1604 1651 徳川家光 1636 日光東照宮 1596 1680 後水尾天皇 1641 鎖国の完成 1583 1657 林羅山 1614 大阪冬の陣 1615 武家諸法度、禁中並公家諸法度 1615 大阪夏の陣 1579 1632 徳川秀忠 1573 1626 お江与の方 1571 1622 支倉常長 1613 慶長遣欧使節団がスペインへ出発 1569 1629 原マルティノ 1568 1633 中浦ジュリアン 1569 1633 千々石ミゲル 1587 バテレン追放令 1590 秀吉による天下統一 1592 文禄の役 1597 慶長の役 1600 関ヶ原の戦い 1603 徳川家康が征夷大将軍に任官 1593 1615 豊臣秀頼 1567 1636 伊達政宗 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1592 1666 シャー・ジャハーン 1571 1629 アッバース1世 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1649 ピューリタン革命 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1601 1643 ルイ13世 1585 1642 リシュリュー 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1583 1645 フーゴー・グローティウス 1600 1649 チャールズ1世 1599 1658 クロムウェル 1608 1647 トリチェリ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1637 「方法叙説」の刊行 1596 1650 デカルト 1643 真空の発見 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1657 「月世界旅行記」の出版 Tooltip
(この項おわり)
header