西暦1648年 - 清の建国

北方民族による中国支配
18世紀の清
明代の末、李自成 (りじせい) が率いる農民反乱軍が勢力を拡大し、1644 年、首都・北京が陥落する。最後の皇帝・崇禎帝 (すうていてい) は自殺し、明は滅びる。
崇禎帝が没すると、対立していた女真族と明軍が手を結び、李自成の反乱軍を鎮圧し、1648 年、清を建国する。

17 世紀初頭、明の支配下でヌルハチは女真族の統一を進めていた。ヌルハチが 1616 年に建国した後金 (こうきん) が清の前身である。ヌルハチの子ホンタイジは、元の玉璽を譲られ、皇帝として即位するとともに、女真族を満洲 (まんじゅ) に改めた。

第4 代・康煕帝 (こうきてい) 、第5 代・雍正帝 (ようせいてい) 、第6 代・乾隆帝 (けんりゅうてい) が支配した約 130 年間(1661 年~1795 年)にわたり、清は最大の中華帝国に広がる。

清は、元の失敗に学び清朝は飴と鞭を巧みに使い分けて柔軟な統治政策をとることで、わずか 200 万人の女真族が数億人の漢民族を 300 年間にわたり支配することになる。
1525 1575 1625 1675 1725 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1559 1626 ヌルハチ 1626 1643 ホンタイジ 1638 1661 順治帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1657 「月世界旅行記」の出版 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1600 1649 チャールズ1世 1630 1685 チャールズ2世 1649 ピューリタン革命 1599 1658 クロムウェル 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1641 鎖国の完成 1604 1651 徳川家光 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1636 日光東照宮 1628 1700 徳川光圀 1596 1680 後水尾天皇 1592 1666 シャー・ジャハーン Tooltip
(この項おわり)
header