西暦1645年 - ポタラ宮殿の建設

ダライ・ラマ5世は自らを観音菩薩になぞらえる
ポタラ宮殿
1642 年に即位したダライ・ラマ 5 世は、1645 年にポタラ宮殿の建設に着手する。

その名は、観音菩薩が住むとされる補陀落 (ふだらく) のサンスクリット語名「ポタラカ」に由来する。ダライ・ラマ 5 世は、自らを観音菩薩になぞらえることで権力の維持を図ろうとしたのである。
ポタラ宮殿は、ダライ・ラマ 5 世没後の 1695 年に完成した。現在のポタラ宮には観世音菩薩の化身としてダライ・ラマ 5 世が祀られている。

ポタラ宮殿は 13階建て、基部からの総高117m、建築面積1 万 3000m2と、単体としては世界最大級の建造物である。内部の部屋数は 2,000 といわれる。

1648 年に建国した清を支配する満州族は、チベット仏教を信仰していた。1652 年、ダライ・ラマ 5 世は北京を訪れ、順治帝が出迎えた。
清は、自らをモンゴル高原諸勢力の宗主国と考えていたので、清とダライ・ラマ 5 世が直接の外交をもったことで、モンゴル高原におけるチベットの立場が揺るぎないものになった。ダライ・ラマ 5 世がチベットに帰国すると、次第にモンゴル諸勢力の影響力は落ちていった。

1679 年、ダライ・ラマ 5 世はサンギェ・ギャツォを執政に任命した。1682 年、ダライ・ラマ 5 世は 60 歳で死去する。サンギェ・ギャツォは 1696 年になってようやくその死を発表し、翌1697 年に自分が探してきた少年をダライ・ラマ 6 世として即位させた。
1525 1575 1625 1675 1725 1645 ポタラ宮殿の建設 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1648 清の建国 1638 1661 順治帝 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1657 「月世界旅行記」の出版 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1600 1649 チャールズ1世 1630 1685 チャールズ2世 1649 ピューリタン革命 1599 1658 クロムウェル 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1641 鎖国の完成 1604 1651 徳川家光 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1636 日光東照宮 1628 1700 徳川光圀 1596 1680 後水尾天皇 1592 1666 シャー・ジャハーン Tooltip
(この項おわり)
header