西暦1935年 - シュレーディンガーの猫

量子力学の興隆
シュレーディンガーの猫
物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーは、量子力学の確率論的解釈の間違いを指摘するため、1935 年の論文において「シュレーディンガーの猫」という思考実験を紹介した。
まず、蓋のある箱を用意する。箱の中には、放射性ラジウムとガイガーカウンター、それに青酸ガスの発生装置を入れておく。ラジウムがα崩壊を起こすと、青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスが発生する仕組みになっている。
この箱に猫を 1 匹入れる。一定時間の間に、もしα崩壊が起きていれば猫は死ぬし、起きていなければ猫は生きている。
つまり、蓋を開けるまで、猫は死んでいる状態と生きている状態が混在しているというパラドックスが起きる。

シュレーディンガーは、1926 年に発表した論文でシュレーディンガー方程式(波動関数)を発表している。ちょうどカルテットが弦楽器の音波を重ね合わせるように、量子は重ね合わせができることを示したのがシュレーディンガー方程式である。
シュレーディンガー方程式では確率を保存するが、それは、統計学のようなマクロ的な視点で扱う「確率」とは意味合いが異なる。
そこでシュレーディンガーは、シュレーディンガーの猫というパラドックスを紹介し、量子力学の確率論的解釈の間違いを指摘したのである。

シュレーディンガーは、1933 年にイギリスの理論物理学者ポール・ディラックと共に「新形式の原子理論の発見」の業績によりノーベル物理学賞を受賞し、1937 年にはマックス・プランク・メダルが授与された。

この時代の世界

1825 1875 1925 1975 2025 1935 シュレーディンガーの猫 1887 1961 エルヴィン・シュレーディンガー 1885 1962 ニールス・ボーア 1858 1947 マックス・プランク 1871 1937 アーネスト・ラザフォード 1868 1951 アルノルト・ゾンマーフェルト 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1879 1955 アルバート・アインシュタイン 1901 1954 エンリコ・フェルミ 1900 1958 ヴォルフガング・パウリ 1936 スペイン内戦 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 アドルフ・ヒトラー 1918 トゥーレ協会結成 1928 ファシスト党による一党独裁 1883 1945 ムッソリーニ 1939 1945 第二次世界大戦 1927 航空機による大西洋横断 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1945 国際連合が発足 1946 ユネスコが発足 1948 ベルリン封鎖 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1879 1940 トロツキー 1879 1953 スターリン 1927 航空機による大西洋横断 1934 日米親善野球 1895 1948 ベーブ・ルース 1903 1941 ルー・ゲーリッグ 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1941 1945 太平洋戦争 1882 1945 フランクリン・ルーズベルト 1930 冥王星の発見 1929 暗黒の木曜日 1880 1964 ダグラス・マッカーサー 1890 1964 ジョゼフ・ドッジ 1907 1980 モークリー 1946 「ENIAC」完成 1948 ヘール望遠鏡が完成 1947 音速の壁を突破 1947 トランジスターの発明 1865 1950 長岡半太郎 1934 日米親善野球 1941 1945 太平洋戦争 1936 二・二六事件 1854 1936 高橋是清 1937 盧溝橋事件 1932 五・一五事件 1855 1932 犬養毅 1931 満州事変 1928 張作霖爆殺事件 1928 昭和天皇、即位の大礼 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1923 関東大震災 1861 1949 牧野伸顕 1884 1943 山本五十六 1884 1948 東条英機 1884 1948 近衛文麿 1909 1948 太宰治 1917 1944 沢村栄治 1866 1957 山田寅次郎 1931 満州事変 1928 張作霖爆殺事件 1906 1946 婉容 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1869 1948 ガンジー 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 1948 ベルリン封鎖 Tooltip

参考書籍

表紙 「シュレーディンガーの猫」のパラドックスが解けた!
著者 古澤明
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 2012年09月
価格 864円(税込)
rakuten
ISBN 9784062577854
「シュレーディンガーの猫」は量子力学の黎明期に、波動方程式の解釈をめぐってシュレーディンガーが提案したパラドックスだ。ミクロな粒子の重ね合わせ状態を猫のようなマクロな物体の重ね合わせ状態として導けるのか?シュレーディンガーはマクロの世界では重ね合わせ状態をつくることかできないと考えた。それが今、「できる」という実験結果が示された。
 
(この項おわり)
header