西暦1930年 - 冥王星の発見

偶然の産物
冥王星
アメリカの天文学者クライド・トンボーは、ローウェル天文台で天体写真を用いて第9 惑星を探すプロジェクトに取り組んでいた。
1930 年(昭和 5 年)2 月 18 日、トンボーは、23 日と 29 日に撮影された写真乾板の間で動いていると思われる天体を見つけた。ローウェル天文台はさらに確証的な写真を得るよう努力したあと、発見の報を 1930 年(昭和 5 年)3 月 13 日にハーバード大学天文台へ電報で送った。
アメリカの天文学者パーシヴァル・ローウェルは、火星の運河を観測するため、1894 年(明治 27 年)に私財を投じてローウェル天文台を建設した。
ローウェルはまた、海王星の軌道の揺らぎに影響を与えているとする 9番惑星の存在を予言し、1905 年(明治 38 年)から 9番惑星探索のプロジェクトを開始した。実際の冥王星は海王星の軌道に影響するほどの引力はなく、トンボーが発見したのは単なる偶然だったと考えられている。

1978 年(昭和 53 年)6 月、アメリカの天文学者ジェームズ・クリスティーが衛星カロンを発見する。
2006 年(平成 18 年)6 月の国際天文学連合 (IAU) 総会で惑星の定義が明確になり、直径は 2,320km の冥王星は準惑星(dwarf planet)に降格された。
1825 1875 1925 1975 2025 1930 冥王星の発見 1906 1997 クライド・トンボー 1929 暗黒の木曜日 1914 1918 第一次世界大戦 1888 1969 ジョセフ・ケネディ 1939 1945 第二次世界大戦 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1901 1966 ディズニー 1934 日米親善野球 1927 航空機による大西洋横断 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1872 1933 カルビン・クーリッジ 1874 1964 フーヴァー 1928 ファシスト党による一党独裁 1883 1945 ムッソリーニ 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 ヒトラー 1920 国際連盟の創設 1919 ベルサイユ条約 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1912 タイタニック号が沈没 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1879 1955 アインシュタイン 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1927 航空機による大西洋横断 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1928 昭和天皇、即位の大礼 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1854 1936 高橋是清 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1923 関東大震災 1918 シベリア出兵 1913 大正政変 1909 伊藤博文の暗殺 1904 1905 日露戦争 1901 八幡製鉄所が操業開始 1900 雑誌「明星」創刊 1878 1942 与謝野晶子 1873 1935 与謝野鉄幹 1862 1922 森鴎外 1871 1911 幸徳秋水 1847 1934 東郷平八郎 1852 1931 北里柴三郎 1852 1933 山本権兵衛 1855 1932 犬養毅 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1870 1924 レーニン 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1911 辛亥革命 1866 1925 孫文 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1894 1895 日清戦争 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1867 1934 マリー・キュリー 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 Tooltip

参考書籍

表紙 かくして冥王星は降格された
著者 ニール・ド・グラス・タイソン/吉田三知世
出版社 早川書房
サイズ 単行本
発売日 2009年08月25日
価格 2,160円(税込)
rakuten
ISBN 9784152090645
科学的な判断か、文化をふまえた「民主主義的な」判断か。冥王星をめぐる問題は、人類が累積してきた太陽系に関する諸知識が交錯する最前線であり、科学とは何かを本質的に再考する絶好の機会でもある。冥王星の助命を嘆願する子供たちの手紙から、正式な裁定の根拠にいたるまで、とりどりの図版と資料を収録し、冥王星を、そしてすべての科学を愛する人に贈る「冥王星事件簿」。
 
(この項おわり)
header