西暦1927年 - 航空機による大西洋横断

翼よ、あれがパリの灯だ
チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ
アメリカの飛行家リンドバーグは、1927 年(昭和 2 年)5 月、単葉単発のプロペラ機「スピリット・オブ・セントルイス」に乗り、33 時間30 分かけてニューヨーク=パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した。

さらに 1931 年(昭和 6 年)には北太平洋横断飛行にも成功した。
1825 1875 1925 1975 1927 航空機による大西洋横断 1902 1974 リンドバーグ 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1872 1933 カルビン・クーリッジ 1874 1964 フーヴァー 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1930 冥王星の発見 1929 暗黒の木曜日 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1854 1936 高橋是清 1849 1940 西園寺公望 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1923 関東大震災 1857 1929 後藤新平 1918 シベリア出兵 1913 大正政変 1879 1926 大正天皇 1909 伊藤博文の暗殺 1906 満鉄の開業 1904 1905 日露戦争 1901 八幡製鉄所が操業開始 1900 雑誌「明星」創刊 1878 1942 与謝野晶子 1873 1935 与謝野鉄幹 1862 1922 森鴎外 1871 1911 幸徳秋水 1876 1928 野口英世 1878 1933 吉野作造 1847 1934 東郷平八郎 1852 1931 北里柴三郎 1852 1933 山本権兵衛 1855 1932 犬養毅 1860 1926 加藤高明 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1920 国際連盟の創設 1919 ベルサイユ条約 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1914 1918 第一次世界大戦 1912 タイタニック号が沈没 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1879 1955 アインシュタイン 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1927 航空機による大西洋横断 1928 ファシスト党による一党独裁 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 ヒトラー 1883 1945 ムッソリーニ 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1870 1924 レーニン 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1911 辛亥革命 1866 1925 孫文 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1894 1895 日清戦争 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 1898 ファショダ事件 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1867 1934 マリー・キュリー 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 Tooltip

参考書籍

表紙 航空の時代を拓いた男たち
著者 鈴木五郎
出版社 交通研究協会
サイズ 全集・双書
発売日 2014年05月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784425777815
ライト兄弟の動力機による初飛行から10年あまりで飛行機は急速に進化を遂げ、群雄たちが航空路開拓と新型機開発にしのぎを削る一方、第1次世界大戦での優位性が認められ、兵器としても一段と改良が進められる時代に突入する。大航海時代になぞらえて「大飛行時代」とも称すべきこの時代に、危険と背中合わせのなかで、航空の未来を信じて可能性に挑戦し、夢の実現に賭けた熱き男たちの物語。
 
表紙 翼よ、北に
著者 アン・モロ-・リンドバ-グ/中村妙子
出版社 みすず書房
サイズ 単行本
発売日 2002年08月
価格 2,592円(税込)
rakuten
ISBN 9784622048688
航空黎明期の1931年、アンは夫、チャールズ・リンドバーグとともに、単葉のロッキード・シリウス機でニューヨークを出発、カナダ、アラスカ、シベリア、千島列島を経て、日本、中国にいたる大圏ルートの調査飛行をおこなった。飛行の体験と、さまざまな風物、ひとびと-ここには、みずみずしい感受性とユーモア、そして人間への愛情にあふれた“最上の旅行者”アンがいる。なかでも、「サヨナラ」という別れの言葉にこめられた心をみごとにあらわした、日本にまつわる章は、日本の読者にも新しい発見をもたらし、静かな感動を呼ぶだろう。チャールズ・リンドバーグによる20葉の地図を収める。
 
(この項おわり)
header