西暦1922年 - ツタンカーメンの墓の発掘

ファラオの呪いはあったか
ツタンカーメン王の黄金マスク
1922 年(大正 11 年)11 月 4 日、イギリスのカーナヴォン卿の支援を受けた考古学者ハワード・カーターは、エジプトの王家の谷でツタンカーメン王の墓を発見する。
古代エジプトの王墓としては珍しく盗掘を免れており、黄金マスクをはじめとする数々の副葬品の発掘に世界中が驚いた。

発掘は慎重に進められ、1925 年(大正 14 年)11 月 13 日、カーターは黄金マスクを外し、ツタンカーメンのミイラと対面することになる。

その後、カーナヴォン卿が墓の公開直後に急死するなど、発掘関係者が次々と死亡してゆく、当時のマスコミは、これをファラオの呪いと報じた。
ツタンカーメン(Tutankhamun、Tutenkh-、-amen、-amon)は古代エジプト第18王朝のファラオで、在位は紀元前 1333 年頃から紀元前 1324 年頃とみられている。先々代のファラオ・アクエンアテン(アメンホテプ 4 世)と、その姉妹の一人との間に生まれたと考えられている。
王妃アンケセナーメンはアクエンアテンの三女で、夫婦仲は良かったようだ。

アクエンアテンの統治時代は、唯一神であるアトン信仰が説かれており、その頃は自らをトゥト・アンク・アテン(「アテンの生ける似姿」の意)と呼んでいた。
アクエンアテンの死後即位すると、伝統的な神であるアモン=ラーの信仰を復活させ、トゥト・アンク・アメン(「アモン神の生ける似姿」の意)と改名した。日本人は訛って「ツタンカーメン」と呼んだのだが、以後、その名前が世界中に定着している。
また、首都をアマルナからテーベに戻した。

ツタンカーメンはアクエンアテンの政策を大幅に覆したが、若くして死んでいることや、ミイラの頭部に大きな外傷が残っていることなどから、暗殺説がささやかれた。
しかし、最近の研究によると、ツタンカーメンは病弱で、マラリアに感染して死んだことが分かった。
1825 1850 1875 1900 1925 1950 1975 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1920 国際連盟の創設 1919 ベルサイユ条約 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1914 1918 第一次世界大戦 1912 タイタニック号が沈没 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1879 1955 アインシュタイン 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1927 航空機による大西洋横断 1928 ファシスト党による一党独裁 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 ヒトラー 1883 1945 ムッソリーニ 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1898 米西戦争 1927 航空機による大西洋横断 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1930 冥王星の発見 1929 暗黒の木曜日 1918 シベリア出兵 1856 1921 原敬 1913 大正政変 1847 1913 桂太郎 1879 1926 大正天皇 1909 伊藤博文の暗殺 1906 満鉄の開業 1857 1929 後藤新平 1904 1905 日露戦争 1901 八幡製鉄所が操業開始 1923 関東大震災 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1900 雑誌「明星」創刊 1878 1942 与謝野晶子 1873 1935 与謝野鉄幹 1862 1922 森鴎外 1871 1911 幸徳秋水 1876 1928 野口英世 1878 1933 吉野作造 1847 1934 東郷平八郎 1852 1931 北里柴三郎 1852 1933 山本権兵衛 1855 1932 犬養毅 1860 1926 加藤高明 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1870 1924 レーニン 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1911 辛亥革命 1866 1925 孫文 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1894 1895 日清戦争 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 1898 ファショダ事件 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1867 1934 マリー・キュリー 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 Tooltip

参考書籍

表紙 ツタンカーメン 少年王の謎
著者 河合望
出版社 集英社
サイズ 新書
発売日 2012年07月
価格 820円(税込)
rakuten
ISBN 9784087206494
ツタンカーメンは、ほぼ未盗掘で発見された王墓により有名であるが、王自身の生涯とその時代については、長い間謎に包まれたままだった。しかし、20世紀の終わりになってツタンカーメン時代の建造物や重要人物の墓が次々と発見されたことや、2010年に最新のDNA鑑定がなされたことなどによって、ファラオの真の姿が明らかとなりつつある。本書では、いままで推測の域を出ることがなかった死因や親子関係の謎に迫るだけでなく、即位にいたる歴史的状況、死後の状況についても大胆な新説を示す。
 
表紙 世界一面白い 古代エジプトの謎
著者 吉村作治
出版社 中経出版
サイズ 文庫
発売日 2010年03月
価格 668円(税込)
rakuten
ISBN 9784806136637
紀元前5千年にはじまったといわれる古代エジプト文明は、新王国時代において栄華をきわめ、やがて衰退への道をたどっていった。少年王ツタンカーメン、絶世の美女クレオパトラ…名誉欲や権力闘争といった現代にも通じる人間ドラマを、古代エジプト研究の第一人者・吉村教授が“鋭く”解説する。
 

参考サイト

(この項おわり)
header