西暦1927年 - 昭和金融恐慌

2年後には世界大恐慌が発生
銀行の取り付け騒ぎ - 昭和金融恐慌
1927 年(昭和 2 年)、大蔵大臣の片岡直温 (かたおかなるみ) が衆議院予算委員会の場で、東京渡辺銀行が破綻したという発言をしたため、銀行の取り付け騒ぎが起こり、昭和金融恐慌に発展する。

金融恐慌の原因は第一次世界大戦に遡る。戦争で沸いたバブル景気の際に発生した不良債権の一部が、関東大震災の際に降り出した震災手形で隠され、結果として昭和に入るまで持ち越されてしまったのである。
時の田中義一 (たなかぎいち) 総理は、ピンチヒッターとして高橋是清 (たかはしこれきよ) に大蔵大臣就任を要請した。
高橋は、ただちに日本全国の銀行を 3 日間休業とし、その間に紙幣を大増刷した。それまでの最高額紙幣は百円だったが、あらたに二百円紙幣を発行した。しかも、片面にしか印刷していないという急場しのぎの紙幣であった。
4 月 25 日に銀行が再開された時には取り付け騒ぎは収まり、情勢は落ち着きを見せた。その後、政府は裏白二百円紙幣を回収していった。
5 月 8 日には金融安定化のための法案を可決し、6 月 2 日、役目を終えた高橋は大蔵大臣を辞任する。
ところが、1929 年(昭和 4 年)、今度はアメリカを発端にした世界恐慌が起きる。

この年に成立した民政党の浜口雄幸 (はまぐちおさち) 内閣は、為替相場の安定と輸出拡大を目論見、1917 年(大正 6 年)以来禁止していた金の輸出を解禁した。金本位制に戻そうとするこの政策は世界情勢を楽観視したもので、実際には欧米各国が日本の金を買い漁る結果となり、輸出は伸びず、日本の不況はより深刻化した。町には失業者があふれ、農村部では娘の身売りが行われるほどひどいものであった。

こうした政策の失敗を嫌われ、1930 年(昭和 5 年)11 月 14 日、浜口首相は東京駅で狙撃される。浜口は一命を取り留めるが、この時の傷が原因で翌年 8 月に死去する。
1931 年(昭和 6 年)12 月、政府は再び金の輸出を禁止する。
1825 1850 1875 1900 1925 1950 1975 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1854 1936 高橋是清 1849 1940 西園寺公望 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1923 関東大震災 1857 1929 後藤新平 1918 シベリア出兵 1913 大正政変 1879 1926 大正天皇 1909 伊藤博文の暗殺 1906 満鉄の開業 1904 1905 日露戦争 1901 八幡製鉄所が操業開始 1900 雑誌「明星」創刊 1878 1942 与謝野晶子 1873 1935 与謝野鉄幹 1862 1922 森鴎外 1871 1911 幸徳秋水 1876 1928 野口英世 1878 1933 吉野作造 1847 1934 東郷平八郎 1852 1931 北里柴三郎 1852 1933 山本権兵衛 1855 1932 犬養毅 1860 1926 加藤高明 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1920 国際連盟の創設 1919 ベルサイユ条約 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1914 1918 第一次世界大戦 1912 タイタニック号が沈没 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1879 1955 アインシュタイン 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1927 航空機による大西洋横断 1928 ファシスト党による一党独裁 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 ヒトラー 1883 1945 ムッソリーニ 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1898 米西戦争 1927 航空機による大西洋横断 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1930 冥王星の発見 1929 暗黒の木曜日 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1870 1924 レーニン 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1911 辛亥革命 1866 1925 孫文 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1894 1895 日清戦争 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 1898 ファショダ事件 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1867 1934 マリー・キュリー 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 Tooltip

日本初の地下鉄

1000形電車
東京地下鉄道株式会社は、1927 年(昭和 2 年)12 月 30 日、浅草~上野間2.2 キロに日本最初の地下鉄を開業した。1934 年(昭和 9 年)には新橋まで延伸した。

一方、東京高速鉄道株式会社は 1939 年(昭和 14 年)に新橋~渋谷間6.3 キロを開業。こうして銀座線が全通する。
さらに 1941 年(昭和 16 年)には両社が合併し、帝都高速度交通営団(現・東京メトロ)が誕生した。

参考書籍

表紙 昭和金融恐慌史
著者 高橋亀吉/森垣淑
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 1993年03月10日
価格 1,080円(税込)
rakuten
ISBN 9784061590663
日本中の銀行が預金取付の大津波に襲われ、異例の支払猶予令が断行された昭和金融恐慌。東京渡辺銀行などの倒産、破産が続出し、休業銀行の多くは預金の4〜5割を切捨てた。この大異変の背景には銀行の前近代性と、熱狂的投機ブームの反動で膨れた莫大な不良債権があった。在野の経済評論家として名高い高橋亀吉を主執筆者とし、金融恐慌の原因と実態を豊富なデータを駆使して解明した注目の書。
 
表紙 高橋是清 ―日本のケインズ その生涯と思想
著者 リチャード・J.スメサースト/鎮目雅人
出版社 東洋経済新報社
サイズ 単行本
発売日 2010年10月
価格 5,400円(税込)
rakuten
ISBN 9784492395387
幼くして渡航、後に海外の財界人たちと厚い友情を築き上げた「日本のケインズ」の開かれた思想の形成に迫る。
 
表紙 昭和恐慌と経済政策
著者 中村隆英
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 1994年06月
価格 907円(税込)
rakuten
ISBN 9784061591301
 
表紙 昭和恐慌の研究
著者 岩田規久男
出版社 東洋経済新報社
サイズ 単行本
発売日 2004年04月
価格 3,888円(税込)
rakuten
ISBN 9784492371022
1930年の金解禁をきっかけに、日本は恐慌に陥った。そのとき経済学者たちは、いかなる論戦を繰り広げたのか?何が恐慌からの脱出を可能にしたのか?70年前、日本を襲った未曽有の経済危機、われわれは今、何を学ぶべきか。
 

参考サイト

(この項おわり)
header