PowerPC 603 は 低消費電力

1994年6月リリース
PowerPC 603
Power PC は、1991 年(平成 3 年)、アップルコンピュータ、IBM、モトローラの 3社が共同開発した RISC プロセッサのシリーズ名である。PPC と略記される。
1980 年代後半、パソコンに搭載されている CPU は、実行する命令形式の種類を増やし、複雑な処理を行えるようにする CISC (シスク) (Complex Instruction Set Computer)方式が主流であった。インテルの x86 系や、モトローラの 68k シリーズが代表である。
CISC は、ソフトウェア側で指定する命令を減らせる利点がある反面、CPU の仕組みが複雑になり高速化が困難となり、いずれ性能向上に限界がくるという説が有力であった。
そこで、命令数を減らししてプログラムの処理速度を向上させる RISC (リスク) (Reduced Instruction Set Computer)方式が登場した。
IBM は 1990 年(平成 2 年)、RISC プロセッサ POWER を開発し、これをパソコンに転用しようと目論見、アップルコンピュータに声をかけた。当時、Macintosh ではモトローラの CISC プロセッサである 68k を搭載していたが、RISC に転換することを決断。モトローラを巻き込んで AIM連合を結成した。ここで開発されるのが Power PC である。そして 1994 年(平成 6 年)、Power PC を搭載する Power Macintosh が登場した。
ちなみに、アップルはアーキテクチャに見切りを付けるのが早く、2005 年(平成 17 年)にはインテル CPU への移行を決断する。

Power PC は、命令セットやレジスタセット、アドレッシング、キャッシュなどの基本アーキテクチャの動作を規定するのみで、それらをどう実装するかは CPU メーカーに委ねる形をとった。これは、Windows NT、OS/2、Solaris、AIX といった複数の OS を動かすことを目的とした戦略であったが、結局、インテルの牙城を崩すことはできなかった。
Performa 5220
わが家に最初にやってきたのは、アップル Performa 5220 に搭載されていた PowerPC 603 である。
POWER プロセッサをベースに設計された PowerPC 601、602 の次の世代(G2)であり、低消費電力に主眼を置いて開発され、アルミ配線となっている。
消費電力は 3W 以下と、同クロックの PowerPC 601 や Pentium の半分以下である。
MacOS 8.5 から PowerPC 専用となったが、それまでは 68k 命令をソフトウェア・エミュレーションして実行していたため、動作が遅かった。

Power PC は、Macintosh 以外に、ニンテンドーゲームキューブ、Wii、Wii U、PlayStation 3(Cell プロセッサ)、Xbox 360 などに搭載された。また、NAS やルーターなどの組み込み機器での利用も多い。

主要スペック

項目 仕様
メーカー IBM, モトローラ
発売開始 1994年
トランジスタ数 160万~260万
データバス 32ビット
1次キャッシュ 命令:8~16KB
データ:8~16KB
物理メモリ 4GB
CPUクロック 66~300MHz
プロセスルール 0.5~0.29μm
ソケット 240ピンQFP
最大消費電力 2.5~6.0W

参考サイト

(この項おわり)
header