西暦1824年 - ベートーベン交響曲第9番「合唱つき」の初演

「欧州の歌」が完成する
1824年のベートーヴェン
1824 年 5 月 7 日、ベートーベンの交響曲第9番ニ短調作品 125(いわゆる“第九”)が、ウィーンのケルントネル門劇場で初演される。
その頃、ベートーベンは聴力を失っていたため、指揮はウムラウフが担当した。

初演が失敗と感じたベートーベンは、演奏終了後も観客席を見ることがしなかった。
これを見かねた歌手が彼の手を取って彼を観客席へ向かせたところ、熱狂した聴衆はアンコールを求め、2 度も第2 楽章が演奏されたという。
5 回目のアンコールが求められた時、オーストリア当局が制止に入った。皇帝への喝采が 3 回とされているため、それ以上は不敬罪に当たるとされたのだ。

1789 年、フランス革命の最中、ベートーベンはドイツの詩人フリードリヒ・シラーの「歓喜に寄せて」に接する。まだ 1 つの交響曲も作曲していなかった若きベートーベンであったが、いつしかこの詩を音楽にしたいと考えていたという。
1792 年 11 月、ボンの貴族たちの援助でベートーベンはウィーン留学を果たす。
1808 年、交響曲第5番「運命」を発表。
ナポレオン戦争の最中の 1813 年、ナポレオン軍を破ったイギリス軍の将軍を称える「戦争交響曲」を発表。

ウィーン会議の後、言論・思想の統制が厳しくなり、その手は音楽の分野にも及んだ。オーストリアでも思想的な意味が込められた交響曲より、簡単に聴けるオペレッタが流行るようになる。
この頃、ベートーベンは難聴が悪化し、作曲に時間がかかるようになる。

1823 年 12 月、ついに交響曲第9番を書き上げる。
初演会場選びは難航するが、1824 年 5 月 7 日、ウィーンのケルントネル門劇場で初演されることになった。
交響曲第9番はベートーベンの最後の交響曲となった。副題として「合唱つき」と付されている。

第一次世界大戦で日本の捕虜になったドイツ兵 1000 人が、鳴門市の収容所にいた。彼らは音楽の練習に励み、1918 年(大正 7 年)6 月 1 日、収容所内のホールでベートーベンの交響曲第9番を演奏。これが日本における初演となった。
以後、日本では「第九」の名前でよく聴かれるようになる。
また、第4 楽章の「歓喜」の主題は欧州評議会において「欧州の歌」としてヨーロッパ全体を称える歌として採択されているほか、欧州連合においても連合における統一性を象徴するものとして採択されている。

参考書籍

表紙 ベートーベン 楽聖とよばれた大作曲家
著者 比留間さつき/よしかわ進
出版社 集英社
サイズ 全集・双書
発売日 1989年09月
価格 972円(税込)
rakuten
ISBN 9784082400088
ベートーベンは、ドイツの生んだ偉大な作曲家です。子どものころは、第2のモーツァルトといわれるほどの天才ピアニストでしたが、25歳ころから耳が悪くなりはじめ、31歳ころにはなにも聞こえなくなってしまいました。そのために自殺まで考えたベートーベンでしたが、それをのりこえ、今でも世界中の人びとに親しまれている曲を、たくさん作曲しました。
 
表紙 ゲーテとベートーヴェン 巨匠たちの知られざる友情
著者 青木やよひ
出版社 平凡社
サイズ 新書
発売日 2004年11月
価格 928円(税込)
rakuten
ISBN 9784582852493
一八一二年夏、二人の巨匠はボヘミアで出会う。ゲーテ六三歳、ワイマル公国の枢密顧問官として社交に余念がない。ベートーヴェン四一歳、“不滅の恋人”との恋に心を高ぶらせていた。そして時代は、ナポレオンの没落を前にして激しく動いている。本書は、政治的・社会的状況を丹念に踏まえ、巨匠たちの交響する世界を臨場感豊かに描写する。手紙、日記、友人たちの証言など資料を駆使した、まったく新しい視点による芸術家像がここに誕生。
 
1725 1775 1825 1875 1824 ベートーベン交響曲第9番「合唱つき」の初演 1770 1827 ベートーベン 1759 1805 フリードリヒ・シラー 1818 「フランケンシュタイン」の出版 1797 1851 メアリー・シェリー 1817 自転車の発明 1785 1851 カール・ドライス 1749 1832 ゲーテ 1800 ボルタが電池を発明 1745 1827 ボルタ 1796 種痘の実施 1749 1823 ジェンナー 1762 1814 フィヒテ 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1790 1832 シャンポリオン 1770 1831 ヘーゲル 1766 1834 トマス・マルサス 1825 世界初の鉄道路線 1781 1848 ジョージ・スチーブンソン 1814 ウィーン会議 1773 1859 メッテルニヒ 1804 ナポレオンが皇帝になる 1769 1821 ナポレオン・ボナパルト 1763 1814 ジョゼフィーヌ 1755 1824 ルイ18世 1757 1836 シャルル10世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1812 1814 米英戦争 1738 1820 ジョージ3世 1759 1806 ウィリアム・ピット 1815 神聖同盟 1777 1825 アレクサンドル1世 1815 神聖同盟 1796 1855 ニコライ1世 1821 「大日本沿海輿地全図」完成 1745 1818 伊能忠敬 1809 間宮海峡の発見 1775 1844 間宮林蔵 1828 シーボルト事件 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1751 1823 大黒屋光太夫 1832 鼠小僧の処刑 1797 1832 鼠小僧次郎吉 1782 1787 天明の大飢饉 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1793 1837 大塩平八郎 1787 1856 二宮尊徳 1793 1853 徳川家慶 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1833 1837 天保の大飢饉 1771 1840 光格天皇 1800 1846 仁孝天皇 1755 1829 鶴屋南北 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1823 1829 「富嶽三十六景」 1760 1849 葛飾北斎 1802 1822 「東海道中膝栗毛」 1765 1831 十返舎一九 1773 1841 徳川家斉 1814 1842 「南総里見八犬伝」 1767 1848 曲亭馬琴 1776 1843 平田篤胤 1783 1842 柳亭種彦 1793 1841 渡辺崋山 1825 「四谷怪談」の初演 1794 1858 ペリー 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1840 1842 アヘン戦争 1812 1814 米英戦争 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1810 1821 メキシコ独立戦争 1753 1811 ミゲル・イダルゴ 1783 1824 イトゥルビデ 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1769 1849 ムハンマド・アリー Tooltip
(この項おわり)
header