西暦1833年 - 天保の大飢饉

各地で一揆や打ち壊しが起きる
天保の大飢饉
1833 年(天保 4 年)から天保 10 年(1839 年)にかけて、天保の大飢饉 (てんぽうのだいききん) が起きる。

この頃、冷害や洪水が頻繁に起き、とくに米所である東北地方の被害が大きかった。
各地で多数の餓死者を出す一方で、米価は急騰し、百姓一揆や打ち壊しが頻発した。
1725 1750 1775 1800 1825 1850 1875 1900 1833 1837 天保の大飢饉 1841 1843 天保の改革 1839 蛮社の獄 1773 1841 徳川家斉 1793 1853 徳川家慶 1837 大塩平八郎の乱 1793 1837 大塩平八郎 1815 1860 井伊直弼 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1775 1844 間宮林蔵 1776 1843 平田篤胤 1832 鼠小僧の処刑 1797 1832 鼠小僧次郎吉 1787 1856 二宮尊徳 1800 1860 徳川斉昭 1853 ペリー来航 1794 1858 ペリー 1809 間宮海峡の発見 1821 「大日本沿海輿地全図」完成 1828 シーボルト事件 1758 1829 松平定信 1765 1831 十返舎一九 1823 1829 「富嶽三十六景」 1760 1849 葛飾北斎 1814 1842 「南総里見八犬伝」刊行開始 1767 1848 曲亭馬琴 1825 「四谷怪談」の初演 1771 1840 光格天皇 1800 1846 仁孝天皇 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1840 1842 アヘン戦争 1831 1861 咸豊帝 1856 1860 アロー戦争 1777 1825 アレクサンドル1世 1796 1855 ニコライ1世 1818 1881 アレクサンドル2世 1815 神聖同盟 1854 1856 クリミア戦争 1857 1859 セポイの乱 1769 1849 ムハンマド・アリー 1830 七月革命 1773 1850 ルイ・フィリップ 1773 1859 メッテルニヒ 1808 1873 ナポレオン3世 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1846 海王星の発見 1851 ロンドン万博 1848 1849 フランクフルト国民議会 1809 1865 リンカーン 1810 1821 メキシコ独立戦争 1783 1824 イトゥルビデ 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 Tooltip
(この項おわり)
header