大涌谷で黒たまごを食す

2019年3月18日 撮影
大涌谷
大涌谷 (おおわくだに) (神奈川県足柄下郡箱根町仙石原 1251)は、箱根火山の中央火口丘・冠ヶ岳 (かんむりがたけ) の北側斜面に位置する崩壊地形で、いまから 3100~2900 年前の水蒸気爆発と火砕流でできたとされている。箱根火山の噴気地帯の中では最大規模のものである。

現在も、そこかしこから硫化水素を含む噴煙が立ち上っており、樹木は立ち枯れ、岩石は粘土化して赤茶けた山肌が見える。
早雲山と大涌谷の間には地上から約 130 メートルの谷を越える箇所があり、箱根ロープウェイの眼下には迫力ある谷底が広がって見える。
大涌谷の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2679 Kbyte)
大涌谷
沸き立つ湯釜、白煙を吹き上げる噴気孔など、火山のダイナミックな活動の様子を観察できる。噴煙地に近いほど酸性に強い植物が見られるのも大涌谷の特徴だ。
大涌谷の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2501 Kbyte)
大涌谷
江戸時代は「地獄谷」「大地獄」と呼ばれていたが、明治天皇・皇后両陛下の行幸に際し、1876 年(明治 9 年)9 月、大涌谷に改称された。

1983 年(昭和 58 年)、富士箱根伊豆国立公園「大涌谷園地」として整備され、噴煙や硫黄を刊行することができるようになった。このとき、温泉卵が販売されるようになった。
2014 年(平成 26 年)4 月 17 日、箱根ジオミュージアムが開設された。
大涌谷の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2800 Kbyte)
大涌谷
天候が良ければ、ロープウェイの中から美しく雄大な富士山の姿を望むことができる。
大涌谷の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 750 Kbyte)
大涌谷
箱根山は 40 万年に活動を開始し、約 25 万年前、古箱根火山と呼ばれる標高2,700 メートルの成層火山が形成された。約 18 万年前、中心部が陥没して大きなカルデラが誕生し、古期外輪山が誕生した。約 13 万年前から再び火山活動が活発になり、約 5 万 2000 年(平成 12 年)前に破局噴火を起こし、新期外輪山が誕生した。約 5 万年前、カルデラ内で再び火山活動が始まり、先神山が形成された。

2011 年(平成 23 年)3 月、東日本大震災に伴って地震が増加。2013 年(平成 25 年)には群発地震が増加し、噴気地帯も変化した。
箱根ロープウェイでは常にガス濃度を計測し、状況によっては全線で運転を休止する場合がある。
大涌谷
2015 年(平成 27 年)4 月末から火山性地震が増加し、5 月には箱根ロープウェイの全線運休と周辺への立ち入り規制強化を実施した。
大涌谷の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2340 Kbyte)
大涌谷くろたまご館 - 大涌谷
8 月下旬に地震活動が沈静化し、翌2016 年(平成 28 年)7 月下旬、箱根ロープウェイが全区間で運行再開、大涌谷くろたまご館の営業も再開された。

大涌谷くろたまご館は 2014 年(平成 26 年)1 月 2 日にオープンした。
大涌谷名物の黒い温泉卵をイートインで食べることができる。
また、オリジナルの菓子類など、お土産物も販売されている。

入口ではキティさんが出迎えてくれる。
黒たまご - 大涌谷
生卵を温泉池でゆでると、気孔の多い殻に温泉池の鉄分が付着し、これに硫化水素が反応して硫化鉄となり、黒い殻のゆで玉子が出来上がる。

殻は真っ黒だが、中身は普通のゆで卵である。ただ、普通にお湯で作ったゆで卵と比較し、うまみ成分が 20%ほど高い
大涌谷くろたまご館では、その日に製造したものだけを、黒たまごとして販売している。
延命地蔵尊 - 大涌谷
近くには、延命・子育ての御利益があるとされる延命地蔵尊があり、平安時代に弘法大師・空海によって建立されたと伝えられている。
このお地蔵様にあやかり、黒たまごを食べると、寿命が 7 年延びると言われるようになった。

交通アクセス

【鉄道】
【バス】
  • 小田原駅から伊豆箱根バスで約 50 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:大涌谷
大涌谷 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header