西暦1381年 - ワット・タイラーの乱

イギリスの農民一揆
ワット・タイラーの反乱軍と会見するリチャード2世
ワット・タイラーの反乱軍と会見するリチャード 2 世
1381 年(天授 7 年)、イングランドで重税と農奴制に苦しむ農民を組織したワット・タイラーは、農民一揆を起こし、ロンドンで国王リチャード 2 世に迫った。これをワット・タイラーの乱と呼ぶ。
1338 年(延元 3 年)にはじまった百年戦争中が長期化するにつれ、イングランドの国家財政は危機的に状況に陥った。国王リチャード 2 世は、12 歳以上のすべての国民に人頭税を課税することを決めた。
また、黒死病による労働力不足に悩んだ領主は、農民の移動の自由を奪い、農奴制を強化していった。

そんな中、神父ジョン・ボールが作ったという「アダムが耕しイブが紡いでいた時、だれが領主だったか」という歌が流行した。
1381 年(天授 7 年)、ワット・タイラーは農民を組織し反乱を起こした。イングランド南東部のエシックスやケント州に始まった一揆は、たちまち全国に広がり、ロンドンに迫った。

ロンドンの市民は反乱軍を受け入れ、ロンドンは反乱軍の手に落ちた。大司教や大蔵大臣は殺害され、大商人の屋敷は焼き討ちされた。
リチャード 2 世はロンドン塔に避難したが、そこも反乱軍に包囲され、やむなくタイラーと会談し、農奴制の即時撤廃、小作料の軽減、一揆参加者の大赦などを認めた。
翌日、再び王と面談した際、タイラーは国王の臣下に暗殺されてしまう。これを機に国王軍は反乱軍を鎮圧し、一揆は失敗に終わった。

国王と領主階級による支配は強化されたが、農奴の解放の流れは進み、各地で自由を獲得した農民はヨーマン(独立自営農民)となっていった。

この時代の世界

1275 1325 1375 1425 1475 1381 ワット・タイラーの乱 1350 1381 ワット・タイラー 1367 1400 ジョン・ボール 1338 1381 リチャード2世 1378 1417 ローマ教会の大分裂(シスマ) 1336 1378 グレゴリウス11世 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1318 1389 ウルバヌス6世 1342 1394 クレメンス7世 1339 1410 アレクサンデル5世 1370 1419 ヨハネス23世 1328 1423 ベネディクトゥス13世 1326 1417 グレゴリウス12世 1417 コンスタンツ公会議 1368 1437 ジギスムント 1368 1431 マルティヌス5世 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1312 1377 エドワード3世 1313 1375 ボッカチオ 1338 1380 シャルル5世 1340 1400 チョーサー 1339 1453 百年戦争 1431 ジャンヌ・ダルクの処刑 1412 1431 ジャンヌ・ダルク 1405 1440 ジル・ド・レ 1321 ダンテ『神曲』完成 1389 1464 コジモ・デ・メディチ 1370 ティムール帝国の成立 1336 1405 ティムール 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1360 1403 バヤズィト1世 1396 ニコポリスの戦い 1402 アンカラの戦い 1368 明の建国 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1335 1408 李成桂 1392 李成桂が即位 1377 1402 建文帝 1360 1424 永楽帝 1371 1434 鄭和 1333 鎌倉幕府滅亡 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1330 1367 足利義詮 1336 1392 南北朝時代 1381 花の御所の完成 1358 1408 足利義満 1397 金閣建立 1347 1424 後亀山天皇 1377 1433 後小松天皇 1428 正長の土一揆 1429 琉球国の統一 Tooltip
(この項おわり)
header