西暦1370年 - ティムール帝国の成立

チンギス・ハンの子孫を自称
ティムール
ティムール
中央アジアのチャガタイ・ハン国を滅ぼしたティムールは、1370 年、サマルカンドを首都とするティムール帝国(1370~1507 年)を建国する。
ティムールは、旧イル・ハン国の領土を併合し、さらに西へ進み、1402 年、アンカラの戦いでオスマン帝国を退け、1405 年、明への遠征途上で死没する。

チンギス・ハンの子孫を自称するティムールは、一族の間に領土を分封し、ときの実力者が王位を継承するという遊牧民族の伝統を受け継ぎつつ、イスラム教の学者ウラマーを官僚として登用した。
ティムール帝国の最大版図
ティムール帝国の最大版図
トルコ=モンゴル系遊牧民族の軍事力と、イラン系定住民族の経済力に支えられ、帝国は版図を拡大した。
ティムールは、すでに死去していた長男ジャハーンギールの息子ピール・ムハンマド・ジャハーンギールを後継者に指名していたが、力が弱く、1409 年、ティムールの四男シャー・ルフが 3 代目の君主となった。
細密画「ユースフの誘惑」(1488年)
細密画「ユースフの誘惑」(1488年)
シャー・ルフの治世は 40 年近く続き、明との外交が樹立された。永楽帝の命を受けた鄭和 (ていわ) が、三度、ホルムズを訪れている。

サマルカンドやヘラートなどでは、小型で技巧的な細密画(ミニアチュール)やペルシア文学に携わる文人や画家が集まり、宮廷文化が栄えた。
シャー・ルフは、息子のウルグ・ベクにサマルカンドの支配を任せた。天文学者であり数学者だったウルグ・ベクはサマルカンドに天文台を建設し、恒星の観測結果などを整理し、1440 年頃、天文表を発行した。これは、100 年後、ティコ・ブラーエが観測を行うまで最も精度の高いものだった。

この時代の世界

1275 1325 1375 1425 1475 1370 ティムール帝国の成立 1336 1405 ティムール 1377 1447 シャー・ルフ 1394 1449 ウルグ・ベク 1360 1403 バヤズィト1世 1402 アンカラの戦い 1396 ニコポリスの戦い 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1368 明の建国 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1335 1408 李成桂 1392 李成桂が即位 1360 1424 永楽帝 1377 1402 建文帝 1378 1425 洪熙帝 1371 1434 鄭和 1399 1435 宣徳帝 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1312 1377 エドワード3世 1313 1375 ボッカチオ 1318 1389 ウルバヌス6世 1336 1378 グレゴリウス11世 1338 1380 シャルル5世 1342 1394 クレメンス7世 1340 1400 チョーサー 1378 1417 ローマ教会の大分裂(シスマ) 1338 1381 リチャード2世 1381 ワット・タイラーの乱 1350 1381 ワット・タイラー 1326 1417 グレゴリウス12世 1339 1410 アレクサンデル5世 1328 1423 ベネディクトゥス13世 1357 1433 ジョアン1世 1368 1431 マルティヌス5世 1368 1437 ジギスムント 1417 コンスタンツ公会議 1339 1453 百年戦争 1431 ジャンヌ・ダルクの処刑 1412 1431 ジャンヌ・ダルク 1405 1440 ジル・ド・レ 1333 鎌倉幕府滅亡 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1330 1367 足利義詮 1336 1392 南北朝時代 1381 花の御所の完成 1358 1408 足利義満 1347 1424 後亀山天皇 1397 金閣建立 1321 1380 光明天皇 1404 日明貿易はじまる 1377 1433 後小松天皇 1428 正長の土一揆 1429 琉球国の統一 1429 1441 足利義教 Tooltip
(この項おわり)
header